Freddy G

d0056703_21291950.jpg
It's All About Love (1997)

何とあの元OriginalsのFreddy Gormanの1st solo。これがまた全くインディ臭を感じさせないコンテンポラリーなトラックと素晴らしい楽曲群で、ソウルファンは泪無くして聴けない仕上がり。

Sam Dees Classic"One In A Million You"の見事なカヴァー、Isleyマナータップリの極上ミッドスロー"Don't Take Your Love Away"等、全くお見事の一言。長いブランクなど微塵も感じさせません。

本日は初秋というにはあまりに暑い一日でしたが、これからの季節、重宝しそうなインディソウルの傑作アイテムです。
[PR]
# by olskooljam | 2005-09-01 22:04 | Indie Soul

Chante Moore

d0056703_021364.jpg
A Love Supreme (1994)

Chanteは、El Debargeの傑作"In The Storm"で聴かせた何とも言えない絶妙なウィスパリング・ヴォイスでどうにもこうにも気になってはいたのですが、なぜか実際はこの2ndまで手が出ず。

きっかけは何といっても必殺のミッド・スロー"Old School Lovin'"。そのあまりの聴き心地良さは聴くたび溜息が出るほどで、Monica-"Before You Walk.."とはまた別の意味で90年代R&Bを代表する一曲。

しかし正直、聴くたびKenny Lattimoreがとことん羨ましいのもまた事実なり。
[PR]
# by olskooljam | 2005-08-26 00:40 | R&B

Al Johnson

d0056703_16341294.jpg
The Unifics - "Return" (2004)

う~ん、一言。スゴイ!!!何と04年にこんなAlbumが存在したんですね。タワレコで見つけて超驚きました。

Al Johnsonという名前はソウル好きというか私にとっても絶対なのですが、これには流石に参りました。テンプス"Truly For You"級というか、完全にSoul All Time Favorite級ですねこれは。

リズムギター(何とMetersのLeo Nocentelli!)の刻みも軽快なミッド"Want You To Have It"、Impressions"Gypsy Woman"の泣かせるカヴァーも最高ですが、Alが懇切丁寧に唄うバラッド"Any One Can Tell You"の素晴らしいことと言ったら!切なく甘い新生Unificsの美コーラスと相まり至福のひとときを迎えます。

とにかく、あまりにも美しい一枚。
[PR]
# by olskooljam | 2005-08-21 16:38 | Indie Soul

Garnett Silk

d0056703_20383780.jpg
Give I Strength (1999)

尋常ではないリリース量を誇るReggaeの世界においては、ジミヘン、2Pac同様アーティスト亡き後もAlbumがもう出てくる出てくる。このGarnett silkも生前より既に多くAlbumが存在するはずです。

しかしこれはスゴイですよ。Silkはスティクリなどダンスホール・トラック(打ち込み)でしか音源を残さなかったのですが、ここでは御大Bobby Digitalが全て生音を提供し、オーヴァーダブ。 往年のルーツ・ロック・スタイルを奇跡的に再現しているのです。

名盤"It's Growing"を全く超えてしまったこの素晴らしき一枚。何よりレゲエを愛し、敬虔なラスタファリアンでもあった天才シンガーSilk本人に聴かせてあげたい。
[PR]
# by olskooljam | 2005-08-20 22:46 | Roots Rock Reggae

Barrington Scott Henderson

d0056703_1162241.jpg
original photo by http://www.barringtonhenderson.com/

Boの歌声を聴いていると「ああ、今ソウルを堪能しているよなあ」と一人悦にいってしまいます。

Dramatics~Lakeside、そして栄光のTemptationsと渡り歩き、ついには逞しくも感動的なソロ時代へと突入。そろそろ2ndが出るとか出ないとか。個人的なフェイヴァリットは何といってもLakeside時代の傑作バラッド"Bullseye"

bullseye, you hit me
right between the eyes with your sweet love
bullseye, you hit me
what a shot, I’ll never get enough
bullseye, you hit me

何度聴いてもBoの表現力に思わずうなる、真に素晴らしい一曲。のちの彼への名声がこのたった一曲で決まったと言っても過言ではないはず。ただただ、グレイト。
[PR]
# by olskooljam | 2005-08-20 11:53 | Showbiz