<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

LZ-A4

d0056703_22110767.jpg

ハイブリッド型と呼ばれるイヤホンやIEM。業界において一時的なブームもあったように思いますが、以前とは違い今では当たり前のように多種販売されています。とはいえ当然ですが、実際に聴いてみて自分の聴く音楽や音の好みに合うのかどうかを確認してみないことには、その本当の良さと魅力は分かりません。

写真は1年半前程前にリリースされたLZ社のA4というイヤホン。何度か試聴して気になっていたものの、実際に購入したのは今年に入ってからです。ドライバーは2BA+1DDというハイブリッド方式の定番的な3ピース構成。BAについてはknowles製が1、bellsing製が1という、別メーカー製のものを一基ずつ搭載し構成するというこだわりの仕上げ。バランスド・アーマチュアは製造メーカー自体が少ないのですが、私などは定番のknowlesという名前がそこにあるだけで何だか安心してしまいます。

このイヤホンの特徴として、ノズルと背面フィルターが共に交換できるというギミックがあるのですが、私は背面フィルターが黒、ノズルは赤という仕様で(今のところ)使用しています。デフォルトの組み合わせといえは黒・黒なのかもしれませんが、ノズルの赤については何というか抵抗的な効果があり、中高域がぐっと落ち着き、自然な深みと同時に奥の方でゆったり響くような効果が楽しめるようになります。一方でハイブリッド型特有の派手な鳴り方が抑えられますので、その辺りは本当に聴く音楽と好みの問題かとは思います。

mmcxケーブルについては、付属のものはやや高域がブライトに感じられるものの、癖が少なくとても優秀です。線質も柔らかく取り廻しについては特にバッチリです。ですが私はもう少し低域の量感が欲しかったことと、見た目についても本体とのイメージをしっかりと合わせたくなり、他社製の4芯編み込み式のものにリケーブルして使用しています。

ちなみにA4は通常の掛け方もシュア掛けのどちらも可能です。本体にそれなりの重量がありますので、私はシュア掛けで使っていますが、装着感についてはどちらも問題ありません。但し、柔らかいイヤーピースを使用する場合は、Shure掛けのほうが安定すると思います。

音質についてですが、実は最初聴いた時に、うわ、これはもしかしてやってしまったのか?と思うほど音が暴れて落ち着かず、こんなにドンシャリ気味だったかなと思いちょっと落ち込んでいました。視聴した時とあまりに印象が違ったのですが、BAはエージングが不要というのが定説ですのでもしかして不良品(当たった経験があります)ということまで考えたのですが、これについてはやはりエージングが解決してくれました。高域はぐっと落ち着き伸びやかに。低域についてはボワつくことなく自然に出てくるようになりましたので、どちらかといえばDD部分が原因だったのかなと思っています。

ハイブリッド型は本来全く違う特性を持つドライバーユニットを合わせる訳ですから、測定データを基にした厳密な調整が必要です。しかし最終的にはやはり経験豊かな人間により、チューニングの纏めをしなくてはなりません。このLZというメーカーには相当凄いノウハウを持つ人物がいるようで、出してくるイヤホン各々が個性的且つ極上の音質を誇っています。現在ではA5という型番のハイブリッドIEMが話題になっているようですが、そちらについても音質は文句ナシの仕上がりのようです。

A4の特徴はイヤホンではちょっと考えられない、まるで開放型ヘッドホンのようと例えられるような広大な音場が魅力の一つです。しかもただ広いだけでなく響きの調音が絶妙ですので、どのジャンルの音楽を聴いても違和感が少ないように思います。その為、その弊害としての音漏れが凄く、例えば電車内などでの使用には全然向いていないかと思います。

この開放的な音は一回体験すると結構な中毒性がありますので、他のイヤホンを使用して満足していても、ああA4で聴いてみたいなと思わせる魔力があります。実際に付け替えて聴いてみれば、ああやっぱりこのIEMは特別だなと感じさせるほど良く出来ており、そこにはハイブリッド型特有の(ユニットが上手く繋がらず分離しすぎてバラバラに響くような)違和感などはなく、チューニングの妙を感じます。

d0056703_11505983.jpg
Art Pepper - Modern Art (1957)

Pepper1957年録音の名盤。ブルージーでありながらも流暢な印象であるPepperのアルトが全開な作品ですが、A4に合いますね。MONO録音のシンプルな演奏であるゆえに、各楽器の音色やアドリブ、その独特の間を堪能できます。A4はDDが低域専用に搭載されていますので、量感タップリのベース音を拾い切ります。主役のPepperのアルトについては埋もれることなく、強弱を十二分に感じさせながら生き生きと描き出します。この辺りは管楽器が得意なBAを2個搭載している良い面が出ているようです。


d0056703_12075629.jpg
Force M.D.' s - for Lovers and Others : Greatest Hits (1992)

最近またまた復帰した80年代Sweet Soulの王様グループ。長らくシングル・オンリーであった名カヴァー"I Wanna Know Your Name"をバッチリ収録したベスト盤ですが、これを聴いてみました。ソウルはもちろん唄が主役ですので、そういう意味ではPinnacle P1のような(良く出来た)DD一発式のイヤホンのほうが相性は良いはずですが、A4も素晴らしいです。

80年代の音楽はどちらかというと奥行きに欠けている録音が多く、ドンシャリな印象があるのですが、全ての音を分離分析するかのようなハイブリッドのA4では、打ち込み主体のR&Bトラックであっても、一音一音がしっかりと考え尽くされた良録音であったことが分かります。トリスコの甘くかすれた唄声だけでなく、ここぞという時に前に出てくるドラムの音のキレがとても良いです。素晴らしい甘茶ソウル。


d0056703_12231880.jpg
Lord Finesse - Game Plan / Actual Facts (1996)

まだまだ元気なRoy Ayersのヴァイブが鳴り響く稀代の名曲。このシングルの目玉"Soul Plan Cruise Control Inst."では、Finesseお得意のクリスマス・ドラムに絡み合う鍵盤が立体的に耳の周りを旋回しますが、A4ではボトムスを支えるDDがかなり低い音までを拾いますので、Hip-Hopらしい重厚感についても存分に感じとれます。A4でこの辺りの音源を聴くと、もうヘッドフォンは不要かもとすら思わされるほど相性が抜群です。


d0056703_11050804.jpg
Horace Silver - Blowin' The Blues Away (1959)

ダイナミックに躍動するHard Bop名盤中の名盤。1959年録音とは思えぬ厚みがある音が記録されており、RVGの手腕が光る逸品です。A4で聴くSilverのピアノというかBlue Mitchellらの管楽器群は、とにかく素晴らしく伸びやかでエキサイティング。シングルBAやDD一発式で聴けば、何らかの楽器の音に必ず不満が出やすいというか、本来の音調と合わない部分が気になったりしますが、こういう鳴り物が多く音数も多くなるJazz録音では、ハイブリッド型がその本領を発揮します。

Louis Hayesによるブレイキーばりのド迫力ドラミングが楽しめるハードバップ"Break City"なども、まるで生演奏を聴いているかの如く再現します。こういう作品を聴くと、A4というかハイブリッド型のIEMは、開放的な特にライヴ録音等に向いているのかもしれません。素晴らしい再現性です。


※ ※ ※


もうそろそろイヤホンの(空き箱の)置き場所自体がなくなってきているような状況なのですが、新しい音や好みの音に出会うとついつい購入してみたくなってしまいます。あのお気に入りのAlbumをこの機種で再生したら、果たしてどんな感じで聴こえてくるのだろうか。アーティストが作品に込めた情熱や、録音技師の手腕等がもっともっと伝わってくるのではないだろうか等と、妄想がだんだん激しくなってきて困ります。

しかしそれらもまた、音楽鑑賞の数ある楽しみ方の一つなのかもしれませんね。

[PR]
by olskooljam | 2018-04-30 11:55 | Audio

Think 'bout Old Jazz to Old School Hip-Hop

d0056703_17443518.jpg

最近Old Jazzを聴くことが多いのですが、聴けば聴くほど考えさせられるのが、ミドルというかOld School Hip-Hopとの関係性。Hip-Hopと言っても、私は最近のシーンについては全く興味の対象外ですので多くを語れませんが、80年代~90年代前半までのシーン(言わゆるゴールデン・エラです)については、完全にリアルタイムで聴いていましたので、その辺りまでの親和性についての考察になります。

Jazzのゴールデン・エラである1940年代~50年代くらいまでのミュージシャンは、その音、立ち振る舞い、そしてその生き方全てが非常にクールです。残された録音についても、まるで身を削るかのようにストイックで完成度の高いものばかり。その表現方法については、まさに「やり尽くした感」に満ち溢れています。それゆえにある意味ジミヘンかの如く、降盛ジャンルとしては短命であったのではないかとすら思うほどです。

d0056703_12143725.jpg

Jazzミュージシャンの中には、例えばSonny Rollinsのように、長きに渡って活躍し続ける化け物のような人物もみえますが、Charlie ParkerやClifford Brownのように、若くして伝説となってしまった偉人がいます。帝王Milesはといえば、60年代半ばには既に電化し、次のシーンを見据えた活動を始めていました(70年代ではあの大阪公演でもう行くところまでいってしまった感があります)。

Modern Jazzそのものは、Milesが別のことをやり始めた段階で既に終わってしまった(言い換えればやり尽くされた)ジャンルだったのかもしれません。しかしながら例えば私の兄のように、もうその時期(ゴールデン・エラ)のJazzしか聴かないという強者もいます。ではそれは何故なのでしょうか。想像するに音楽をリスニングするという行為上においては、1950年代の完成されたクールなJazz様式美が最高峰の一つなのかと思います。

それではHip-Hopはといえばどうでしょうか。このジャンルについては、形成された歴史が複雑ですので今更くどくど説明をしませんが、けして黒人だけで作られた文化ではありません。ヒスパニック系など多様な人種によって異文化がぶつかり合い、NYはブロンクス等で産声をあげたものです(個人的にはジャマイカ島からの移民の影響が、特に大きいと思っています)。

d0056703_19095709.jpg

個人的には、80年代の後半から90年代の初めにかけてのHip-Hop、Rapがもう最高に好みです。この時期は今まで聴いたことのないアングラでのみ有名であったブレイクビーツを、誰かが掘り出してきてはそれを廻し続けて、そしてそれが新たな定番となっていくということを繰り返してきた(二度目の)時期です。

d0056703_19095089.jpg

最重要人物といえば、Large ProfessorとDJ Premierの二人。この二名は共に超が付くほどのレコード・ディガーであり、Jazz、Soul、Funkについて桁違いの知識量を持つ人物でもあります。

この両者が当時残した録音を聴くと、現行シーンとの乖離というか、音の深みみたいなものがまるで違うことに気付きます。そこにはテクノロジーの違い等についても顕著なものが感じられますが、当時はまだまだある意味で原始的な設備環境であるがゆえに、そこに込められた深くてピュアな情熱がダイレクトに伝わってきます。アイデア一発勝負のブレイクビーツをベースに、そこにわずかな鳴り物や装飾を施した上で仕上げられた楽曲群。それらはまるでダイモンドの原石のよう。今でも聴けば、やはりこの当時の録音については素晴らしいものが多いなと思ってしまいます。

d0056703_17441504.jpg

そしてレコード・ディガーといえばD.I.T.C.。この集団の名前については、コンベンション等で恐ろしい量のレコードを買いまくるところから来ているという説があるくらい、全員が強力なディガーばかりですが、醸し出すその雰囲気、佇まいや、実際に録音しリリースされた音源については実にクール。特に私はLord Finesseの持つ独特の音選びセンスや、ちょっと何だか黒人ぽくない(ラッパーらしくない?)甲高い、まるで鼻歌のようにスムーズなラッピングが大好きです。

d0056703_19341087.jpg

私が感じるJazzミュージシャンとの共通点として、ミドルスクールHip-Hopは、自分達による自分達だけに向けたような、いびつ且つ特殊な音楽という気がします。言い換えるならば、自分が心底好きな文化なので、他のジャンルのミュージシャンやリスナー等から、どう思われようとそんなことは一切関係ない。それよりも同胞ホーミーたちから、リスペクトされることのほうが重要だし、何よりもとにかくまずはそこを目指すぜ!みたいな感じです。この今で言うマイルド・ヤンキー的な?感覚については、リアルタイムで聴いていた当時から、その感覚を常に感じていました。

そしてその感覚こそが、オールドJazzを漁るようになった今の自分が、ハッ!と驚くように感じた同様のものなのです。昔のJazzミュージシャンたちも、実はそのような似たような感覚でもって、RVG録音スタジオにいたのではないのか。レコード針の向こう側のリスナーを見据えて、ガンガン録音していたばかりな訳ではなく、互いのプライドとその情熱、才能をぶつけ合って、同胞のミュージシャン仲間達から最高のリスペクトを得ようともしていたのではないのか。

d0056703_21055641.jpg

ミドル期のhip-hopも50年代のJazzも、その全盛期はと言えばもうはるか昔のこと。しかしマスに媚びすぎない、商業主義だけにとどまらない本物の音楽に拘りを持つリスナーには、今なお熱狂的に支持され続けています。特殊なジャンルであるがゆえ、掘り甲斐も充分ですし、聴いてゆけばHip-Hopのサンプリングというアートを通じて、互いの音楽的な共通点をも見い出せるという面もあります。

更に更に深く掘り続けていけば、50年代Jazzの精神性については、フリージャズを経て、70年代のStrata-EastやBlack Jazzのような、伝説的レーベルの気骨ある作品群にまで繋がっていることが判ってきます。

50年代のModern Jazzとミドル期90年代前半までのHip-Hop。昔のJazzミュージシャンと昔のラッパーやDJ。一見するだけならばその関係性は薄いような気もしますが、実はそうではなく、そこには時代を超えたイデオロギーの伝承のようなものがあるのかもしれません。


※ ※ ※


上記のすべては、私の勝手な想像と勝手な思い込みではありますが、この両ジャンルは特殊といえば特殊なので、少しは当てはまることもあるのではないかと思っています。音楽って聴くのも考えるのも本当に面白いですね。

まだまだ語れるところではありますが、なんだか最近は文章が長くなってきているような気がします。今回のエントリーについてはこの辺で終了といたします。

[PR]
by olskooljam | 2018-04-14 17:23 | Jazz

Mee Audio Pinnacle P1

d0056703_17144449.jpg
「硬い音」と「柔らかい音」

据え置きオーディオの世界でもそうですが、ポータブル・オーディオを長く聴いてくると、この問題に直面するようになってきました。突き詰めれば、要はいかに快適に上質な音を聴くのかということではあるのですが、この「音が硬い」という問題は、長時間リスニングする私にとって絶対に無視することのできない課題です。

Mee Audio社から2年程前にリリースされた、Pinnacle P1というコンシューマーIEM。これが同社のフラグシップ機のようです。正直全然知らなかったメーカーの一つなのですが、P1は亜鉛合金製の硬く冷たいハウジングが特徴的で、購入する以前より印象的なイヤホンでした。

ドライバー方式はDD一発なのですが、インピーダンスが50Ω(能率不明)と意外なほど高めに設定されており、どちらかといえば低出力のDAPやスマホからではなく、ポタアンのような出力の稼げる接続機器を想定されているかのような作りです。当然ですが、どのDAPに繋いだとしても、音量が稼げない代わりに、ホワイトノイズについてはほとんど感じられません。この点は最近Jazzをよく聴く私の好みと一致するところです。

装着感ですが、これが大変素晴らしく、私個人は全く耳に負担を感じないほど自然でピッタリ収まります。筐体が金属製なので、どちらかといえばその重さのほうが気になるところですが、着けていて重さを感じたことは一度もありません。とはいえこの点については、個人差があるかとは思いますが、優秀の一言です。

イヤーピースについては、私は付属品ではなくアコースティック・エフェクト製のものを組み合わせていますが、これが相性抜群。私の求める柔らかく且つ広い音場形成に、多大な貢献を果たしてくれています。聴くたびアコエフのイヤピの優秀さについては、もっと幅広く認知されてしかるべきだと感じてしまいます。

ケーブルについてはmmcxタイプが2種類付属。どちらも3.5mmタイプですが、一つはスマホ用のリモコン付き。銀メッキが施された銅製ケーブルですが、編み込み式の非常に柔らかい仕上がりになっており、取り回し並びに見た目も含め満足度は充分に高いと思います。

肝心の音質について。私も相当数のイヤホンを購入し聴いてきましたが、ここまで特徴があってその音作りに惚れこんだものは少ないです。音場が広く、音は中高域がトロけるように甘く繋がって聴こえてくるという、まさにリスニング向けに最適な柔らかいチューニング。響きも特徴的なもので、これは筐体が金属製ということも影響しているのかと思いますが、僅かに共鳴しているかのような感覚があり、それが何ともいえない独特の柔らかく丸みを帯びた空間、浮遊感を演出します。

この独特な空間表現については、IEM、イヤホンの領域を超えた生々しいもので、P-1にポタアンHA-2SEを組み合わせた時などに聴こえてくる音は、ちょっと今まであまり聴いたことのない類のものです。

低域はというと、特徴的な中高域と比べるとやや控え目で地味な表現です。但しボワつくというようなことは一切なく、必要量はしっかり出しており、DD一発ならではの全域の繋がり具合は感じられます。再生するジャンル(例えばRoots Rock Reggaeにおけるワン・ドロップや、Jazzのピアノ・トリオでのウッド・ベースの弦を弾く音等)によってはですが、聴いていてもう少しだけ粘ってほしいという瞬間もあるにはありますが、普通に聴く分には総じて充分な量感で不満とまではいきません。

それではハイレゾ音源を再生する場合はどうでしょう。柔らかいイコール上下方向に解像度的な弱点があるのではという気がしますが、けしてそうではありません。上などはサ行が刺さるそのギリギリ一歩手前まで聴こえてきますが、同時に奥のほうで鳴っているハイハットの音や、ブラシの擦れる音なども余韻は充分に豊かです。

192kHz/24bit音源などでは、解像度が高いだけでなく録音スタジオの空気感まで伝わってくるかのようです。

d0056703_20293825.jpg

Oscar Petersonのリクエスト名盤。1964年の作品とは思えぬ優秀な録音作品でもありますが、P-1との相性が絶品です。ピアノ・トリオの空間を生かした演奏、そしてその間を、奥行きを感じさせるP-1が充分に表現してくれます。定番"Days Of Wine & Roses"では御大のピアノは楽しく軽やかに。よく響くRay Brownのウッド・ベース、そしてドラムのストン!と抜けるようなキック音は、まるでその場にいるように気持ち良く聴くことができます。

d0056703_20451590.jpg

我が師匠の大名曲を含むベンスンの代表作。今更の一枚ですが、この作品のメロウさ加減はP-1の特徴とピッタリ一致。"Breezin'"は勿論最高ですが、聴いていてそれ以上に気持ちいいのは"Affirmation"。P-1では曲冒頭のアルペジオがゾクゾクするほどスリリング。リズム隊のHarvey Masonのドラミングはといえば、Fusionというものはこういうことだよとでも言わんばかりに、小気味良くそして抜群の浮遊感を持って舞い踊るように聴こえてきます。

d0056703_20553073.jpg

またしてもDiana!好きなのですねえもう。この作品はCostello色があまりにも濃厚な為、好き嫌いが別れているようですが、私も最初はとまどいました。今では好みの曲が見つかり始めてよく聴いている一枚ですが、意外やDianaではこれ等がP-1にぴったり合っていました。

Dianaのピアノについては、派手さがなくしっとりと弾いている印象ですが、P-1で聴けば艶やかで潤いも充分な、唄声同様に大変に魅力的な音色、演奏であることがよく分かります。"Abandoned Masquerade"や"I'll Never Be The Same"などは、(ジャケット同様に)鍵盤の上の指捌きが目に浮かぶような素晴らしい録音状態であり、聴く度ブリリアントだと呟いてしまいます。

但し"Sometimes I Just Freak Out"のような、比較的速い展開のアンサンブルについては、ホンのわずかながら苦手な印象です。これは上でも記述しましたが、中高域が柔らかくあまりに充実し切っているがゆえに、どうしてもスピード感が希薄に感じられるという点と、バスドラやウッド・ベースの沈み込み具合等が、もう一歩足りないということ等に起因したものだと分析しています。

逆にいえばP1には聴き疲れるという要素が一切ありませんので、得手不得手なジャンルをしっかりと見極めさえすれば良いということもいえます。P-1は聴けば聴くほど本当に個性的なIEMです。


※ ※ ※


ポータブル・オーディオの世界は底なし沼。よく言われる表現ですが、はい、実際そうだと思います。聴けば聴くほどに、これもっと良い音で聴くことはできないのかなと、常に頭のどこかで考えてしまっているのです。そしておそらく私が今聴いている音については、以前と比較すれば実際に相当進歩しているのかと思うのですが、それではこの先は?というと、まだまだやることも選定し組み合わせる機種についても、数限りなくあるのです。

楽しくも非常に恐ろしきポータブル・オーディオの世界。



視聴環境
・CAS-1- JRMC - pinnacle p1
・iPhone 4s - KaiserTone - ALO SXC Cryo 22awg Dock Cable - FiiO A5 -
pinnacle p1
・iPhone 5s - iaudiogate - oppo HA-2SE - pinnacle p1 etc.


[PR]
by olskooljam | 2018-04-08 17:48 | Audio

Otis & Shugg

d0056703_17310668.jpg
We Can Do Whatever (2005)

これも何年振りでしょうか。棚から一掴みです。何故アンリリースであったか当時結構調べたはずですが、すっかり忘れてしまいました。ただこの盤だけはちょっと素晴らしすぎますね。

確かトニーズのラファエルが全面的に手掛け、適材適所なゲストも用意された上で、結構な予算を掛けて制作されたメロウなソウル・デュオ盤なのですが、ウラ業界では超有名なあの御方が尽力し、UKからではありますが正式にリイシューされたというのが経緯だったはずです。

とことんMellowで泣かせまくる"My Choice"、"Thank You For My Baby"辺りを聴けば、今やR&Bシーンそのものが、この時点より更に遠くまで来てしまった印象を拭えません。勿論そうではない作品もあるのでしょうが、純粋にソウル魂(変な日本語です)だけで勝負できる市場そのものが、現在は壊滅的な状況という訳なのでしょう。

もう非難されることを承知で書いてしまいますと、現代はあまりに情報量が多すぎるのです。そのため情報の制御ができず、与えられるばかりの心地いいこの状況を良しとし、良いものを辛抱強く探し出していくという行為そのものが不要となり、その結果、若いソウルの聴き手やディガーがどんどん減少していっているような感覚を覚えるほどです。うーん。

これは老いぼれの戯言なのでしょうが、読まれていて意外と共感される方もお見えになるのではないでしょうか。最近私はそれくらいこの業界に危機感を抱いています。ハイ。とはいえ、これは4/1の所感ですからお間違えなく?





[PR]
by olskooljam | 2018-04-01 18:27 | Unreleased

Sho

d0056703_11574313.jpg
Strickly Street (2004)

久々のインディソウル。これがあのShoの1stかと思われますが、このフィジカルは非常に珍しい一枚ですので、これが初見という方もみえるかもしれません。

実際私も手に入れるまで数年掛かりましたが、最近でも某ショップの広告にて姿を現したのが、何ともう5、6年ぶりのこと。本当にほとんどみませんので、原盤はおそらく国内では数枚(!)いったところでしょうか?正直あのAverage Guyzの原盤よりレアなのではないかと思うクラスです。とはいえ、あんな鬼レア盤のAveragesですらも驚愕リイシューがなされましたので、今後については何が起きるか分かりません。

ShoはR&Bファンをシビレさせたあの2ndと、そして完成度抜群の3rdにおいて評価は既に確立。しかしこの1stの時点でスタイルは出来上がっています。

私の好みは淫靡なミッド・スロー"Fa' You"や、語り入りの"You Say"辺り。特に後者は非常に丁寧に唄われたスロー・チューンであり、自身で付けたハーモニーとの絡みが絶妙な仕上がりです。"Love Is A Crime"でのハモンド使いなども、R&Bスタイリストとしての卓越したセンスを感じます。

最近はインディソウルはあまり聴いていませんでしたが、こういう良い内容のお皿と出会うとまた格別ですね。やっぱりソウル・ミュージックはやめられません。最高の一言!

[PR]
by olskooljam | 2018-04-01 12:19 | Rare & Obscure