カテゴリ:Jazz( 24 )

Think 'bout Old Jazz to Old School Hip-Hop

d0056703_17443518.jpg

最近Old Jazzを聴くことが多いのですが、聴けば聴くほど考えさせられるのが、ミドルというかOld School Hip-Hopとの関係性。Hip-Hopと言っても、私は最近のシーンについては全く興味の対象外ですので多くを語れませんが、80年代~90年代前半までのシーン(言わゆるゴールデン・エラです)については、完全にリアルタイムで聴いていましたので、その辺りまでの親和性についての考察になります。

Jazzのゴールデン・エラである1940年代~50年代くらいまでのミュージシャンは、その音、立ち振る舞い、そしてその生き方全てが非常にクールです。残された録音についても、まるで身を削るかのようにストイックで完成度の高いものばかり。その表現方法については、まさに「やり尽くした感」に満ち溢れています。それゆえにある意味ジミヘンかの如く、降盛ジャンルとしては短命であったのではないかとすら思うほどです。

d0056703_12143725.jpg

Jazzミュージシャンの中には、例えばSonny Rollinsのように、長きに渡って活躍し続ける化け物のような人物もみえますが、Charlie ParkerやClifford Brownのように、若くして伝説となってしまった偉人がいます。帝王Milesはといえば、60年代半ばには既に電化し、次のシーンを見据えた活動を始めていました(70年代ではあの大阪公演でもう行くところまでいってしまった感があります)。

Modern Jazzそのものは、Milesが別のことをやり始めた段階で既に終わってしまった(言い換えればやり尽くされた)ジャンルだったのかもしれません。しかしながら例えば私の兄のように、もうその時期(ゴールデン・エラ)のJazzしか聴かないという強者もいます。ではそれは何故なのでしょうか。想像するに音楽をリスニングするという行為上においては、1950年代の完成されたクールなJazz様式美が最高峰の一つなのかと思います。

それではHip-Hopはといえばどうでしょうか。このジャンルについては、形成された歴史が複雑ですので今更くどくど説明をしませんが、けして黒人だけで作られた文化ではありません。ヒスパニック系など多様な人種によって異文化がぶつかり合い、NYはブロンクス等で産声をあげたものです(個人的にはジャマイカ島からの移民の影響が、特に大きいと思っています)。

d0056703_19095709.jpg

個人的には、80年代の後半から90年代の初めにかけてのHip-Hop、Rapがもう最高に好みです。この時期は今まで聴いたことのないアングラでのみ有名であったブレイクビーツを、誰かが掘り出してきてはそれを廻し続けて、そしてそれが新たな定番となっていくということを繰り返してきた(二度目の)時期です。

d0056703_19095089.jpg

最重要人物といえば、Large ProfessorとDJ Premierの二人。この二名は共に超が付くほどのレコード・ディガーであり、Jazz、Soul、Funkについて桁違いの知識量を持つ人物でもあります。

この両者が当時残した録音を聴くと、現行シーンとの乖離というか、音の深みみたいなものがまるで違うことに気付きます。そこにはテクノロジーの違い等についても顕著なものが感じられますが、当時はまだまだある意味で原始的な設備環境であるがゆえに、そこに込められた深くてピュアな情熱がダイレクトに伝わってきます。アイデア一発勝負のブレイクビーツをベースに、そこにわずかな鳴り物や装飾を施した上で仕上げられた楽曲群。それらはまるでダイモンドの原石のよう。今でも聴けば、やはりこの当時の録音については素晴らしいものが多いなと思ってしまいます。

d0056703_17441504.jpg

そしてレコード・ディガーといえばD.I.T.C.。この集団の名前については、コンベンション等で恐ろしい量のレコードを買いまくるところから来ているという説があるくらい、全員が強力なディガーばかりですが、醸し出すその雰囲気、佇まいや、実際に録音しリリースされた音源については実にクール。特に私はLord Finesseの持つ独特の音選びセンスや、ちょっと何だか黒人ぽくない(ラッパーらしくない?)甲高い、まるで鼻歌のようにスムーズなラッピングが大好きです。

d0056703_19341087.jpg

私が感じるJazzミュージシャンとの共通点として、ミドルスクールHip-Hopは、自分達による自分達だけに向けたような、いびつ且つ特殊な音楽という気がします。言い換えるならば、自分が心底好きな文化なので、他のジャンルのミュージシャンやリスナー等から、どう思われようとそんなことは一切関係ない。それよりも同胞ホーミーたちから、リスペクトされることのほうが重要だし、何よりもとにかくまずはそこを目指すぜ!みたいな感じです。この今で言うマイルド・ヤンキー的な?感覚については、リアルタイムで聴いていた当時から、その感覚を常に感じていました。

そしてその感覚こそが、オールドJazzを漁るようになった今の自分が、ハッ!と驚くように感じた同様のものなのです。昔のJazzミュージシャンたちも、実はそのような似たような感覚でもって、RVG録音スタジオにいたのではないのか。レコード針の向こう側のリスナーを見据えて、ガンガン録音していたばかりな訳ではなく、互いのプライドとその情熱、才能をぶつけ合って、同胞のミュージシャン仲間達から最高のリスペクトを得ようともしていたのではないのか。

d0056703_21055641.jpg

ミドル期のhip-hopも50年代のJazzも、その全盛期はと言えばもうはるか昔のこと。しかしマスに媚びすぎない、商業主義だけにとどまらない本物の音楽に拘りを持つリスナーには、今なお熱狂的に支持され続けています。特殊なジャンルであるがゆえ、掘り甲斐も充分ですし、聴いてゆけばHip-Hopのサンプリングというアートを通じて、互いの音楽的な共通点をも見い出せるという面もあります。

更に更に深く掘り続けていけば、50年代Jazzの精神性については、フリージャズを経て、70年代のStrata-EastやBlack Jazzのような、伝説的レーベルの気骨ある作品群にまで繋がっていることが判ってきます。

50年代のModern Jazzとミドル期90年代前半までのHip-Hop。昔のJazzミュージシャンと昔のラッパーやDJ。一見するだけならばその関係性は薄いような気もしますが、実はそうではなく、そこには時代を超えたイデオロギーの伝承のようなものがあるのかもしれません。


※ ※ ※


上記のすべては、私の勝手な想像と勝手な思い込みではありますが、この両ジャンルは特殊といえば特殊なので、少しは当てはまることもあるのではないかと思っています。音楽って聴くのも考えるのも本当に面白いですね。

まだまだ語れるところではありますが、なんだか最近は文章が長くなってきているような気がします。今回のエントリーについてはこの辺で終了といたします。

[PR]
by olskooljam | 2018-04-14 17:23 | Jazz

Wayne Shorter

d0056703_12315712.jpg
Speak No Evil (1964)

ソウルファンとしての視点からみたWayne Shorter像といえば、やはりFusion系の凄腕プレイヤーという認識。それはどうしてもWeather Report時代の印象が色濃く、セールス的にもマス・アピールした事実もありますので、致し方ありません?

この作品の録音は64年。メンバーはFreddie Hubbard、Herbie Hancock、Ron Carter、Elvin Jones。楽曲名をみれば何やら哲学的で異質なものがズラリ。

演奏自体のクオリティといえば、流石に文句のないところですが、Elvin Jonesのあのポリリズミック且つ細かく刻む独特のドラミングが、とても聴きやすくミキシングされており、その点に感心。タイトル曲や"Dance Cadaverous"等は、クール且つハードボイルドな世界。帝王Milesの影響が如実に感じられます。

Shorterは現在84歳。いまだ現役(!)のようですが、伝説的なミュージシャンが健在なのは素晴らしいことです。しかしこのような作品を聴くと、Jazzという音楽は、やはり1960年代までには全ての表現が出尽くしていたのだと思い知らされます。


※ ※ ※


最近スピーカー・ケーブルをお気に入りだったZonotoneから、ド定番のBeldenスタジオ・シリーズへと気分転換も兼ねて変えてみました。高音のキラキラ感は無くなりましたが、狙っていた低域の表現力が一段増したことにより、Jazzがとてものことに心地良く響きます。ベースの効いたものやこのような作品を、何度もリピートして聴いてしまいます。

今は極端に便利な世の中で、LPやCDだけでなく、配信等でもいろいろな時代の音をすぐに聴くことができますよね。このこと自体については新作、新曲の寿命を短くするという弊害を感じているのですが、逆に考えれば、昔は聴きたくてもレア過ぎて全然聴けなかったキラー・チューンが、誰でも簡単に聴けるということ。そのことが示すのは、全く新しい概念、方法論を持ったとんでもない音楽家が、とんでもない辺境の地から突如現れる可能性もあるということです(実はひそかに期待しています)。

何もかもが便利な世の中ですが、古い音楽を掘り続け、そして「一枚の新譜」として新たに出会うということ。色々と情報を整理し、調べるための時間は掛かっているのかもしれませんが、もしかしたら今や私は、探し求めた末にという過程そのものを大切にしているのかもしれません。

たまには音楽を単純に楽しむだけでなく、考古学的に考えてみるのも乙なものですね。



[PR]
by olskooljam | 2018-03-10 13:47 | Jazz

Bill Evans

d0056703_15114319.jpg
Some Other Time:The Lost Session From The Black Forest (2016)

ジャズファンには通称「お城のエヴァンス」と呼ばれ、今もなお愛聴され続ける名盤"At The Montreux Jazz Festival”。リリースは1968年ですから、今から半世紀ほど前。しかしながら録音状態も良く、リマスター盤については何度も繰り返し出されている一枚であり、その価値は今も変わりません。

評価されるのは録音状態は勿論ですが、このピアノトリオ(Bill Evans / Eddie Gomez / Jack DeJohnette)としての活動期間の短さ並びにその超絶的な演奏能力ゆえ。私自身、何度も繰り返し聴き直している作品ですが、確かに例えば"Nardis"などは、一糸乱れぬ演奏という言葉がピッタリ。素晴らしすぎる瞬間が多く詰め込まれている魅惑の作品です。

そこでこの作品。もう出てこないと言われていたそのピアノトリオによる、正真正銘のスタジオ録音。そんなのあったんだ!という驚きと共に世界中で話題になった訳ですが、実際はリハーサルとしての仮録音だったようです。それでもこうして聴くことができるのは、とんでもなく凄いことであり、歴史的な発見!と言われても私は納得できてしまいます。

アナログマスターから起こされた192kHz/24bit音源を実際に聴いてみれば、ファンの感想は色々でしょうが、普通にリリースされていたとしても、普通に良い録音だと評価されていたのでは?と思います。個人的には、ベイスのEddie Gomezは実にいい感じ。ドラムのJack Dejohnetteのプレイ(ミックス)については今一つ。もう少し演奏においても、ミックスにおいても、ドラムを前に出して欲しかったところです。

主役のピアノについては、私は何の不満もございません。どの楽曲においても、いつものあの特別な叙情性とでも言うべき、繊細なタッチが活かされており魅了されてしまいます。やはり今でも特別なジャズ・ピアニストの一人です。

家族が寝静まった深夜。最近は考え事も多くあり、この作品をお気に入りのIEM「Pinnacle P1」でゆったりと聴いています。わずかな時間ですが、一日を振り返るためにはとても貴重な作品になっています。



[PR]
by olskooljam | 2018-02-21 16:18 | Jazz

Kenny Drew

d0056703_17072667.jpg
Undercurrent (1961)

Kenny Drewいぶし銀のブルー・ノート作品。とはいえ、このAlbumの主役はといえば、実は管楽器の二人?トランペットのFreddie HubbardとSaxはミドル級チャンプのHank Mobley。この両者がとにかく気持ち良く、全編にわたって吹きまくっています。

タイトル曲はさすがのハード・バップ。けして間違えてはいけないという緊張感が漂います。ところが"Funk-Cosity"では一転してブルージーな曲調。前者から後者へ見事なソロを廻してゆきます。続く"Lion's Den"でも両者は絶好調。そういえばドラマーのLouis Hayesについては、何と驚くべきことに未だバリバリの現役であり、最新作"Serenade for Horace"についても、秀逸極まりない仕上がりでした。

ラストは文字どおり"Ballade"。美しく丁寧なKenny Drewのピアノに続き、管楽器の両者が見事にテーマを唄い上げます。

こういう素晴らしいAlbumを聴くと、Soulの世界も深いけれど、Jazzの世界も同じなんだなと実感させられますね。



[PR]
by olskooljam | 2018-02-12 18:37 | Jazz

Wes Montgomery

d0056703_21555643.jpg
In Paris: The Definitive ORTF Recording (2017)

最近良く聴いている復刻盤。復刻と言っても、今まで何度も小出しされてきた音源のようですが、こう丁寧にイシューされるとなるとまた格別。装いも新たになり、改めて新鮮な気持ちで聴くことが出来ます。

私の場合、Bobby Womackからの流れでGeorge Benson。そしてそれから何年も経ってから、このWes Montgomeryへという順番めちゃくちゃな聴き方。しかし年齢を重ねてくると、Wesの自然で落ち着いたオクターヴ奏法が、とてものことに心地よく感じるようになってきました。

個人的に好きなのは、スローの"The Girl Next Door"と"'round Midnight"。特に後者はJohnny Griffinが入ってくる際に聴こえる、"Baby"という茶化した笑い声など、そのリラックスした雰囲気が最高。またお仏蘭西録音だけに、拍手までもが上品です。

この公演は1965年ですか。録音もなかなかのものですし、半世紀以上前にタイムスリップし、観客席に座るのも悪くありません。

[PR]
by olskooljam | 2018-02-11 22:48 | Jazz

Gene Ammons

d0056703_16232324.jpg
Boss Tenor (1960)

Soul好きでSaxが嫌いな人はいないと思いますが、Gene Ammonsのゆったりとブロウしながらも、まるで唄うかの如く情感豊かに響くサックス音はソウルそのもの。この楽器の魅力を100%体現しています。

このAlbumは、ジャケ・音質・内容と3つ揃った極上作。激しい音楽を聴いた後の深夜。じっくりと耳を傾けると、その普遍的な良さが更に伝わり、落ち着けます。

録音状態については、年代を考えるとこれ以上ないほど良好であり、ちょっと感動的。オリジナル録音でのSaxは、Lチャンネルから聴こえてきますが、Hi-Res版では中央寄りにミキシング済み?いずれにせよ文句ナシの内容です。

I君、Dextorも最高だけれど、次攻めるならこれとかどう?

[PR]
by olskooljam | 2018-02-09 16:50 | Jazz

Miles Davis

d0056703_16165623.jpg
Bag's Groove (1957)

ふと気付けば、最近ポータブル・オーディオばかりで(やや分析的に)音楽を聴いているので、今日はお気に入りのCAS-1で、ゆったりMilesのこの録音を聴いています。

俗にいう喧嘩セッション(※)ですか。1957年(録音は1954年)の音源ですから、音質についてはとてもHIFIとは言えませんが、緊張感あふれる録音現場だったのがジワジワと伝わってきます。当然メンバー全員が凄腕な訳なので、やりやすい曲、場面もあったのでしょうが、どの曲もMilesのトランペットが入ってくると、とたんに緊張感が増して聴こえてきます(※のちにMiles自身がメンバー間の軋轢を一応否定しています)。

タイトル曲は緊張感の極み。各ソロパートにおいてもPercy Heathの低く、そしてよく響くベースが支え、重厚感タップリです。その中では、"But Not For Me"辺りは比較的穏やかな演奏で、一番リラックスして聴くことができます。しかし良い演奏揃いです。

イヤホンでじっくりと聴くJazzもいいですが、開放感溢れるブックシェルフ型SPで聴くのもまた格別。



[PR]
by olskooljam | 2018-01-20 16:50 | Jazz

Herbie Hancock

d0056703_22072365.jpg
Empyrean Isles (1964)

Jazz史、文脈において定番でもあるこの作品は、一体どのような位置づけなのでしょうね。有名なのはもちろん「処女航海」なのでしょうが、個人的には圧倒的にこちらが好みです。

1曲目"One Finger Snap"から物凄い疾走感!けたたましく鳴り響くTony Williamsのハイハット。Ron Carterの心臓音のようなベイス。コルネットのFreddie Hubbardも豊富で印象的なフレーズを連発。Hip-Hop好きならば一度は聴いたことがあるメロディーが、随所にちりばめられている作品でもあります。

年齢を重ねるたび、トランペットやサックスといった管楽器の音色や、そこに込められた感情が、以前にも増して沁み渡ってくるようになりました。食事でも「美味しい」と思えるものが徐々に変わってくる世代ですが、それは音楽でも一緒なのかもしれません。



[PR]
by olskooljam | 2017-12-02 16:20 | Jazz

Miles Davis

d0056703_10424726.jpg
1958 Miles (1979)

Milesの最高傑作といえば、やはり「Kind Of Blue」。Jazzにほぼほぼ無知であった時期から現在に至るまで、これほど深く聴き込んだAlbumはありません。それ故に私はいつでもどこでも困らないように?様々な媒体に同じ音源が入れてあります。

"Kind Of Blue"が録音されたのは1959年。なんと今から60年近く前。聴くたび、録音された当時の厳しい時代背景が頭に浮び、才能のぶつかり合いというか、静寂の中に隠されたその物凄い緊張感に打ち震えます。

このAlbumは「Kind Of Blue」の内外、その時期の歴史的な関連セッションを寄せ集めたもの。録音状態は上から中まで様々ですが、長らく未発表だったことが信じられない素晴らしいセッション揃い。

個人的に好きなのはA面の4曲。題名どおり1958年のセッション。バラード主体の題材ですが、鉄壁のリズム隊に切り込む御大のペットと、Coltraneらのブロウ。Evansはといえば丁寧且つメロウなトーンで寄り添い、主役を引き立てる。柔らかな曲調である"Fran-Dance"における独特の空気感などは、これぞまさに「Kind Of Blue」の世界。録音現場が目に浮かびます。

本日の天候は曇り模様。このような日は、ゆったり家で音楽を聴き過ごし、疲れを癒したいと思います。



[PR]
by olskooljam | 2017-11-19 11:31 | Jazz

Hank Mobley

d0056703_17421921.jpg
Dippin' (1966)

JazzにおけるSaxという管楽器は、私はSoulでいう唄い手そのものだと捉えています。その意味においてHank Mobleyは、良質なソウルマンなのだという認識です。

このDippin'はよく、「Soul Station」や「Roll Call」と言った名作群と比較されるようですが、私みたいな聴き手には一番聴きやすく馴染めるセッション。

まずペットのLee Morganとの相性、コントラストが抜群。ドラムは轟音を響かせる御大Art Blakeyではなく、Billy Higgins。Billyの手数は多いが出しゃばらず、軽快な音色でバンドをグルーヴさせていく様が大変に気持ち良い。

唯一収められたバラッド"I See Your Face Before Me"。唄好きがホッと出来るような、リラックスしたセッション。こういうのも効きますね。古き良き時代のBlue Note名盤選。

[PR]
by olskooljam | 2017-10-22 18:12 | Jazz