カテゴリ:Rock( 3 )

Mogwai

d0056703_14292206.jpg
Special Moves (2010)

最近どういうわけかRoxy MusicやDire Straits、Prefab Sprout等の旧譜を聴いています。そこで感じるのは、やはりあの国の音楽は独特の湿り気のようなものがあり、また音作りは洗練されているよなということです。そのことを再認識した次第。

とはいえRock界隈の状況については、最近どころかここウン十年ほとんど聴いていないものですから、本当に知りません。そのことを踏まえてのMogwaiエントリー。

このバンドを知ったのは昨年末くらいでしたか。たまたま見たPVの印象が強烈で、最近でもこういう骨太な表現ができるバンドもいるんだと認識しました。

何しろ見た目があのREMのように地味なのに、出してくる音は暴力的で巨大。そして基本的なスタイルはインスト主体。またギターは何と3本もいて、それぞれがディストーションの効いた轟音を響かせるというもの。形は違えど、受ける印象はまるで若きKing Crimsonかのようです。

このAlbumはベスト盤的選曲のライブ盤。演奏はもちろん録音も大変に良く臨場感のある仕上りです。全曲好みですが、最高なのはやはり"Mogwai Fear Satan"と"2 Rights Make 1 Wrong"。特に後者の叙情性についてはちょっと特別なものを感じさせます。



[PR]
by olskooljam | 2018-09-09 15:02 | Rock

Ry Cooder

d0056703_1711664.jpg
Paradise and Lunch (1974)

本日は個人的に久々の、休日らしい休日。これも久々に出てきまして、もう何年かぶりに聴いていますが、相変わらず強力に落ち着く作品です。

選曲もド渋というか、少なくとも70年代の前半にこうしてルーツを辿っていくような作品を、一枚ごとにAlbumにまとめ上げてきたセンスというか、そのキャリアは尊敬の一言しかありません。Ryのスライドも当然いいのですが、Jim Keltnerのドラムも最高なんですよね。

何度聴いても、どうしたって癒されてしまう作品。
[PR]
by olskooljam | 2012-09-08 17:25 | Rock

Ron Wood

d0056703_2311230.jpg
Now Look (1975)

永遠のマイ・フェイバリット。RockとSoulの境界線を正面突破したこの不滅の金字塔に、ああもう学生の頃何度やられたことか。

出だしの"I Got Lost When I Found You"の酔いどれ加減。Bobbyが楽しそうにコーラスをつける"If You Don't Want My Love"はオリジと比較するのが馬鹿らしいほど最高の仕上がり、、というより全曲名曲!

リズム・セクションがWillie WeeksとAndy Newmarkの達人コンビ。でもってBobbyがプロデュースなんて、考えたらあきらかに反則だよなあ(^^;
[PR]
by olskooljam | 2008-07-02 23:33 | Rock