Sade

d0056703_12072606.jpg
Lovers Rock (2000)

Sadeを取り上げるのは2回目くらいでしょうか。Sadeは1st「Diamond Life」からリアルタイムに聴いていますが、当時のSadeを聴いていれば何となくオシャレ!という風潮が、とてものことにイヤでした。

5thスタジオ作。私はこのバンド(Sadeはバンド名です)の音楽性に魅了されてきましたので、どちらかというと唄のほうではなく、トラックを中心にして聴きますが、この5枚目についてはSoulとReggaeをメインインフルエンスとする私にとって、ほとんど理想的な仕上がり。

まずアルバム・タイトルからして激ヨシ。シンプルに「Lovers Rock」。ReggaeというかUKでは(Ariwa等)ラヴァーズ物に根強い人気、文化がありますが、それとはまたちょっと違う、象徴としてのタイトル付けなのでしょう。とはいえ、ラヴァーズに欠かせないDub要素については"Slave Song"や"Somebody Already Broke My Heart"でタップリと披露。ベイスの太い骨格が判っていらっしゃる。

スローもいいですね。アコギな"The Sweetest Gift"は全く飾り気のない仕上がりでシットリと。そしてタイトル曲の"Lovers Rock"。Sweetbackとしての活動や、Maxwell他とのコラボで養った知見を、最大限にフィードバックした趣味性の高いクーラーな一曲。最高の一言。これのワン・ドロップ版とかあれば絶対欲しいなあ。

これからの季節、特に需要が増してくる一枚。



[PR]
by olskooljam | 2018-06-24 12:06 | UK Soul
<< Bill Evans olskooljam clas... >>