City of God

d0056703_14191681.jpg

邦題「シティ・オブ・ゴッド」。2002年作品。

ブラジルと言えば少し前に鑑賞して絶句したのがこの映画。

ちょっと衝撃の内容なので詳しくは書きませんが、驚くべきはこれが"Based On A True Story"だということ。
登場してくる子役たちがみな鬼気迫る演技(なのか?)で観客を圧倒し続けます。
JB(何と!)なども使われたサウンドトラックがまた素晴らしい。

ブラジルの光と闇。
まさにそんな感じのスーパー・バイオレンス・ムービー。

Directed by Fernando Meirelles.
[PR]
# by olskooljam | 2005-07-26 00:09 | Movie

Joao Gilberto

d0056703_12232586.jpg
いつもはしつこく(?)Soulばかり聴いているのですが、さすがにこう暑くなるとLovers RockやBossaが恋しくなります。

"The Original Bossa Nova Recordings(1951-61)"

Joaoの初期3枚のAlbumを一枚のCDに収めた、ある意味究極のボッサ。だいたい一曲は2分前後しかありません。でもこれを聴くと本当に心が落ち着き、部屋の温度が2、3度下がったかのように感じます。

喜びと悲しみが同居する実に不思議な若き仙人の歌声。マスタリングもまたいいんです。こんなにいい音楽を知らない、先日ブラジルから帰国した幼なじみ(これまたソウルファン)にも聴かせてやろっと。
[PR]
# by olskooljam | 2005-07-25 22:46 | Bossa Nova

Charlie Wilson

d0056703_0325252.jpg
Charlie, Last Name Wilson (2005)

完全に参りました。表題曲は本当に素晴らしいSlow Jamで、Charlieの現役感は今最高潮ですね。

まさかあのR. Kellyと相性がこんなに良いとは!
[PR]
# by olskooljam | 2005-07-23 00:39 | R&B

Big Bub

d0056703_1229353.jpg
棚から一掴みというわけで(?)今夜はこのReal R&B Singerを。言うまでもなくex-Todayの巨漢リードですが、この人はほとんど売れなかったSolo時代がまたいい。

"Call Me" (1997/Universal)

2nd Solo"Timeless"に収められたこの滴るようなバラッドの素晴らしさをどう表現したらよいのか?Teddy Rileyはもはや時代の音ではありませんが"Settle Down"でのコーラス・アレンジも恐ろしく深く、スローではある意味無敵ですね。ブッバの武骨なまでのバリトンが最高に活きています。
[PR]
# by olskooljam | 2005-07-21 23:54 | R&B

Dirty Soul 2

以前少し触れたこのSingerですが、何と来月まさかの日本盤がリリースされるということです。インディ物の日本盤化ではあのWade O. Brown以来の快挙? とにもかくにもDirtyはメチャクチャ唄える本物のSoul Singerですので好事家の方はぜひご一聴を。
[PR]
# by olskooljam | 2005-07-21 09:31 | Indie Soul