<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

The Getaway

d0056703_17452541.jpg
邦題「ゲッタウェイ」。1972年作品。

先週末の深夜、古いDVD版にて久々に鑑賞。

Steven McQueenの魅力満載の一本ですが、子どもの頃に観た印象といえば一言「暴力的」。大脱走の時と違い、容赦なく打ちまくるMcQueenに怖さすら感じたものです。

Ali MacGraw。
黒髪と悲しげな瞳。スレンダーな曲線が魅力的。McQueenが惚れたのも当然でしょう。

白眉はガンショップからの一連の有名なシークエンス。監督お得意のスローモーションが最高に効果的です。

一度Blu-Ray化されているのですが、あまり良いマスターとコンバートではなく、評価といえばイマイチのよう。極上マスターからの再Hi-Def化切望!

Directed by Sam Peckinpah.
[PR]
by olskooljam | 2016-06-27 18:12 | Movie

olskooljam classics vol. 293

d0056703_12124583.jpg
Cocoa Tea - Like A Love Song (1991)

Coco-Tのラヴァーズ・チューン。90年代前半のMusic Worksといえば質、量共に別格。その中でも群を抜いて素晴らしかった一曲。

Coco-Tの唄はルーツィー且つ独特の節回しが特徴ですが、ここでは非常にR&Bライクな唄い方、スタンス。それはおそらく意識的。プロデューサーであるGussieやDean Fraser、Mikey Bennettからの指示もあったのでしょう。


[PR]
by olskooljam | 2016-06-26 12:20 | olskooljam classics

Step Inside My Soul

d0056703_11471714.jpg
V.A. - "Step Inside My Soul" (2014)

熊家族からの超優秀コンピ。コンガの鳴りとリズムギターの刻み具合等に、猛烈にモダンソウルを感じます。ウォーキング・テンポがとにかくゴキゲン。

Tracklisting
1. Mojoba - Say You Will
2. The Reason Why - Step Inside My World
3. Crystal Clear - Stay With Me
4. Vaneese & Carolyn - The Goodbye Song
5. The Checkmates Ltd - All Alone By The Telephone
6. Creative Source - Pass The Feelin' On
7. Alavarez - Sooner Or Later
8. Pete Warner - I Just Want To Spend My Life With You
9. Enchantment - Call On Me
10. Tyrone Thomas - You're Hardly Gone
11. New World - We're Gonna Make It New World
12. Moorish Vanguard - Sunshine Of Your Love
13. Sam Dees - Say Yeah
14. Ernie Shelby - Right Here Where You Left Me
15. JJ Williams - Love Market
16. Debbie Taylor - I've Learned To Do Without You
17. Jules Johnson & The Dynamics - I Just Want To Thank You
18. Prime Cut - I'm So Glad


Mojobaの1曲目はIsleyのあの曲の替え歌?こういうB級的な感触を楽しめるのもまた一興。


[PR]
by olskooljam | 2016-06-25 12:00 | Modern Soul

The Cider House Rules

d0056703_1674264.jpg
邦題「サイダーハウス・ルール」。1999年作品。

Blu-Ray盤にて鑑賞(60-inch 1080p HDTV+5.1ch環境)

良い作品ということは判っていましたが、何となく見逃し続けてきた一本。

名優Michael Caine。
全てを包み込むような演技。重ねた年輪を何のイヤミもなく表現出来るお方。サーですね。

Tobey Maguire。
何とスパイダーマンを観ていないのであれですが、いい演技。柔らかな表情と潤いを帯びた瞳。純な感情をありのままに演じています。

テーマ曲も印象的。


※ ※ ※

最近は体調が完璧の時が、少しずつですが減ってきました。若い時は無理をしても馬力で乗り越えてきたものですが、今やそういう訳にはいきません。

しかし、若さゆえに分からなかったことや、深く感じ取ることが出来なかったこと。それが次第に出来るように、分かるようになってきました。視野が更に広がってきたといいますか。

このようなタイプのドラマが、より心に染み入る年代に入ってきたという訳です。遅すぎる出会いに感謝。

Directed by Lasse Hallstrom.


[PR]
by olskooljam | 2016-06-23 16:37 | Movie

Maxwell

d0056703_22192043.jpg
black SUMMERS’ night (2016)

ついにシリーズ2作目が出てきますね。
デビュー当時から異常に繊細であり、普通ではありませんでしたが、未だに孤高の存在。

きっとMaxwellの頭の中には、音やメロディー、悲しいリフレインが寄せては返す波のように流れているのでしょう。

Tracklisting

1. "Love Can Feel”
2. “The Fall”
3. “Ill”
4. “Lake by the Ocean”
5. “Fingers Crossed”
6. “Hostage”
7. “1990x”
8. “Gods”
9. “Lost”
10. “Of All Kind”
11. “Listen Hear”
12. “Night”


[PR]
by olskooljam | 2016-06-05 22:32 | R&B

olskooljam classics vol. 292

d0056703_19131775.jpg
Keith Sweat - Chocolate Girl (1996)

KeithのNo.1ソングといえば?そんなの山下達郎さんも絶賛の"Nobody"に尽きる、議論の余地など全くナシ!と言ったところでしょうが、私などはこの曲にKeithの真髄を感じます。

Isley's趣味を別の次元にまで昇華させた、狂おしいまでのスローR&Bソング。濃厚、濃密。ドロッと溢れ出るチョコレート・エキス。


[PR]
by olskooljam | 2016-06-04 19:21 | olskooljam classics

Keith Sweat

d0056703_22382542.jpg
Good Love (2016)

完全新録のアルバムが待たれるKeithのNew Single。

私がR&Bを聴き始めてからでも、相当経ってからKeithはデビューしたので、さすがにもういい歳かと思いますが、相変わらずの路線。
どうですか。

ここまで来るとなると、徹底的に貫くさまはまるでIsleys級。
素直にスゴイ。脱帽。



R&B is BACK!!
[PR]
by olskooljam | 2016-06-01 22:44 | R&B