<   2015年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2Pac

d0056703_14145459.jpg
Old School Cookin Soul Remix (2014)

今年のBlogを振り返りますと、音楽より映画に比重を置いた内容になったか思います。

映画についてはどうでしょう。自分が年を重ねてきたからなのか、何を見ても一定の理解ができるようになってきたような気がします。それが良いことなのか悪いことなのかは分かりません?ただ、心と身体がある程度良い状態にあるうちに、色々観ておかないとという、変な感覚があることもまた事実。

子どもたちにも、多様な面で追い抜かれつつある現状ですが、古き良き映画、音楽を選び抜いて鑑賞するという一点においては、まだまだ負けていません。イヤ負けれませんよ!

さて、一言ボヤきましたので本題へ。Jimi同様に、2Pacにも膨大な音源がありますが、Remixとなれば膨大どころか、ある意味無限に作ることができると思います。しかし出来が良いものは多くなく、作りやすいから難しいものです。スペインのCookin Soulが手掛けたこのRemixなどは、センス抜群。原曲より全然仕上がりがよく、正規盤に入っていても全く違和感がありません。オールド・スクールの傑作品!

本年はこれにて更新終了とさせていただきます。皆様も良いお年を!


[PR]
by olskooljam | 2015-12-31 17:58 | Hip-Hop

First Impressions of The Force Awakens.

d0056703_14531142.jpg

初日の3D吹替版を観てきました(以下ネタバレ一切ありません)。

いやあ3D映像最高!劇場はAtmos環境ではありませんでしたが、サラウンドの質も高く、映像と音響のマッチングという意味において、数年に一度級のスペクタクルな体験ができました。

監督のJJ Abramsは完全に私と同世代。4からリアルタイムで観ている訳です。
今回はLukasが手を引いた作品ということで、そのプレッシャーたるや並大抵のものではなかったでしょう。
完全に変化させていく路線か、それとも何も変化させない路線か。
どちらを選択してもいばらの道。
そのような意味で(監督が変わりますが)評価については、8~9まで待たないと下せないような気がします。

さあ、次は2D字幕版(IMAX3D版は当たり前ですがフィルム感ゼロであり、また頭を動かすことができないのでノー・サンキュー)。

あと2回は観にゆきますよ!
[PR]
by olskooljam | 2015-12-20 14:47 | Movie

My iTunes in Winter 2015

d0056703_23263210.jpg

すっかり年末ですね。昨日ですが、来年の手帳を購入する目的にて本屋へ行ったところ、ある雑誌に「CDの終焉」という記事が書いてありました。
それを見て思わず、うーんと唸ってしまいました。
逆にアナログ・プレーヤーの新作が出るとか、売れているとか。
私なんかに言わせれば、あんなに取扱いに注意しなくてはならないモノが、今また持て囃されるなんて嘘でしょ?という感じなのですが?

とはいえ、最近の音楽鑑賞スタイルといえば、どうしたってDAP+カナル型のイヤホンが標準。主役。
時代はすっかり変わったと言うことでしょうか。

そんな訳で、個人的備忘録として(?)私のiphoneに今入れてある作品を羅列。

d0056703_18163174.jpg
Marvin Gaye - Let's Get It On (1973)

定番中の定番。これAudio的な意味合いにおいても、何だか異常に音がいいんですよね。
Paul Humphreyのドラミングがとにかく最高です。

d0056703_18221275.jpg
Miles Davis - Kind of Blue (1959)

その意味においては、こちらこそ録音が良いことで有名ですよね。
落ち着いて読書する時のお伴に最高。

d0056703_18262489.jpg
R Kelly - Happy People (2004)

運動不足を補う目的にて、自転車を漕ぐ時によく聴きます。
最高のステッパーズ・アンセム。
イヤホンの低音感度をチェックする時にもうってつけの一枚です。

d0056703_18302268.jpg
CHIC featuring Nile Rodgers - I'll Be There (2015)

これも運動用にピッタリ?
いや、これこそfor Party People!

d0056703_18352815.jpg
Miles Davis - Milestones (1958)

もう一枚Milesが入れてあります。コメント不要ですよね。
"Dr. Jackie"他カッコ良すぎ。

d0056703_18422429.jpg
Tank - If You Were Mine (2015)

もうすぐ新作が登場するTankのFDL作品。カヴァー作なれど、これ本当に極上です。美メロの嵐。
よく聴きます。

d0056703_18445712.jpg
Isley Brothers - Baby Makin' Music (2006)

イマドキのR&Bも入っています。と言ってもこれももう10年選手ですか。でも好きなんですよね。
"Just Came Here To Chill"で即死します。

d0056703_18523730.jpg
John Coltrane - Blue Train (1957)

ド定番ですがこのAlbumも入っています。"Moment's Notice"ですかねやっぱり。これも録音が良いので、良いイヤホンで聴くと相当効きます。

d0056703_1858665.jpg
Marvin Gaye - Here, My Dear (1978)

Marvin史上最大の問題作。紙一重の天才が、赤裸々に自分をさらけ出したような恐ろしいコンセプトの一枚ですが、あまりにも悲しいリフレインの連続。何度もリピートしてしまいます。

d0056703_2011317.jpg
D'angelo - Brown Sugar (1995)

絶好調のDはやはりこの作品。どういう訳か無性にこれを聴きたくなる時が予期せず訪れる為、常備。まさにソウル中毒者の常備薬。完璧。マスターピース。


という訳で、全然「今」じゃありません?

そんなこんなで、さあ、いよいよ明日はSW7初日!
いろいろ想像しながら眠りにつくとします♪
[PR]
by olskooljam | 2015-12-17 23:45 | Cell Phone

Crazy Heart

d0056703_13133164.jpg
邦題「クレイジー・ハート」。2009年作品。

Blu-Ray盤(60-inch 1080p HDTV+5.1ch環境)にて鑑賞。

テーマ的に時代には流されない地味なタイプの映画。その為、まあいつか観れればという感じでしたが、少し心が落ち着いた気分を見計らい、深夜ゆったりホームシアター鑑賞会。御一人様。

結果。
終演後一人でじんわり感動。まさかこんなにいい映画だとは。
主役Jeff Bridgesについては賞をもらうに相応しい演技だと感じましたが、脇を固める俳優陣もいいですね実に。特にMaggie Gyllenhaalは本当にいい表情を持っています。

私もふと気付きますと、じんわりと年をとってきました。
このBlogもふと気付けば驚きの10年超過。
主人公Bad Blakeの心境がよく判る世代に近づいているという訳です。

お気に入りのシークエンスは遠景が見渡せるラスト・シ-ン。
年を重ねた者の心にじんわりと残る、素晴らしい一場面でした。

Directed by Scott Cooper.


[PR]
by olskooljam | 2015-12-16 14:06 | Movie

olskooljam classics vol. 285

d0056703_1455032.jpg
I'm In Love With You (1979)

数年前、奇跡的にリイシューされた2ndから大好きなスロウ・チューン。

Beresの唄声は、オケがルーツでもダンスホールであっても勿論最高に合うのですが、特にグッとくるのが、この手のオーソドクスなソウル曲。
素朴なピアノとホーン、そしてテンダーなコーラス。無駄なモノなど一切ありません。

情熱を、熱くほとばしるような唄い廻しに込めきったJamaicaの至宝Beresに改めて拍手を!

Produced by Joe Gibbs.


[PR]
by olskooljam | 2015-12-14 01:45 | olskooljam classics

Randy Wilson

d0056703_15205933.jpg
Up Close And Personal (2010)

インディソウル忘れじの名盤。と言いましてもまだ5年程前の作品ですのに、何故か懐かしいあの当時の香り。これはひとえにRandy Wilson本人のオーセンティックな唄声に起因するものかと思います。

初めてこのシンガーの唄声を聴いたのは、1999年のMINI CDから。うわ、まるでLuther!というのが第一印象。 本作でも持ち味は変わらず、いい楽曲をもとに、丁寧にテンダーに唄っていくというベイシックなスタンス。派手さは皆無。しかし、この人はこれでいいんです。

白眉は間違いなく"Life Goes On"。苦労人らしく、まるでその人柄が伝わってくるような誠実でハート・ウォーミングな一曲。ソウル・ミュージックって素晴らしい。

現在の一般流通はジャケ違いのR仕様。オリジCDとなるとプレスも少なく、もはやレア盤。唄モノファンならばぜひ押さえておきたい一枚。


[PR]
by olskooljam | 2015-12-12 15:28 | Indie Soul

The Bomb Squad

d0056703_12194571.jpg
The Only Mixtape (2014)

仏蘭西産のMIXテープ。ジャケ最高。内容DOPE!

Track Listing:

1 – Intro
2 – Ice Cube: What They Hittin’ Foe?
3 – Run Dmc: Oooh Watcha Gonna Do
4 – Public Enemy: Rebel Without A Pause
5 – 3rd Bass:Steppin To The AM
6 – Public Enemy: Brothers Gonna Work It Out
7 – K9 Possee: It Get’s No Deeper
8 – Leaders Of The New School: Sobb Story
9 – Slick Rick: KIT (What’s The Scoop)
10 – Robert S: Big Words
11 – Public Enemy: Night Of The Living Baseheads
12 – True Mathematics: KAOSS
13 – Public Enemy: Fight the Power
14 – Kings Of Pressure: Brains Unchained
15 – Terminator X featuring Chuck D and Sister Souljah: Buck-Whylin’
16 – LL Cool J: It Gets No Rougher
17 – Nikki D: Wasted
18 – 7A3: Coolin In Cali
19 – Ice Cube: Amerikkka’s Most Wanted
20 – Son Of Bazerk: The Band Gets Swivey On The Wheels
21 – Juvenile Committee: Juvenile Rules
22 – Eric B & Rakim: Know The Ledge
23 – Public Enemy: Caught, Can We Get A Witness?

[PR]
by olskooljam | 2015-12-12 12:23 | Hip-Hop

Ice Cube

d0056703_19431395.jpg
AmeriKKKa's Most Wanted (1990)

このブログにIce Cube!?
凄く違和感があるかと思いますが、これはとんでもない大傑作。
Cubeの1stソロとなる一枚ですが、まず怒りまくりのRapが凄まじい切れ味。
職人集団Bomb Squadといえば天下無双、鋼鉄無敵のプロダクション。
ジャックナイフでぶった切るようなドラムとFunk名作とのコラージュ・サウンドが改めて凄い!まさに音の洪水。

Bomb Squadは今やほぼ別路線(House)での仕事が目立ちますが、この当時のサウンドはある意味Hip-Hopが辿り着いた一つの極北です。

今またこの時代に再評価されるべき一枚。


[PR]
by olskooljam | 2015-12-11 19:55 | Hip-Hop