<   2015年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Joe

d0056703_1931194.jpg
日本未公開。2014年作品。

人気のNicolas Cage主演作ながら何故か日本未公開の一本。

内容は前科持ちの主人公Nicolas Cageと、南部で貧しい生活を送る少年がトラブルに巻き込まれるというようなストーリーらしい。

正直Nicolas Cageには全然興味ないのですが、何だか凄く観たい映画です。

Directed by David Gordon Green.


[PR]
by olskooljam | 2015-11-27 21:21 | Movie

John Stoddart

d0056703_1743527.jpg
Only on Christmas Day (2013) 

John Stoddartを取り上げるのは意外にもお初?

90年代にリリースされたAlbumが一時レア盤化。私などはそこから注目するという変な出会いだったのですが、マニアに探されるということは、それだけ実力者でもあるということの証。John Stoddartの唄声といえば、James Ingram直系と言ってもよい、よく響く極上のバリトン。

これは文字どおりのクリスマス企画作品。内容はStandard楽曲を含む全11曲。白眉は定番の"Have Yourself a Merry Little Christmas"。あのLalah Hathawayを呼び込み、二人が気持ちよく唄う素敵な一曲。


[PR]
by olskooljam | 2015-11-27 18:06 | Indie Soul

Dog Day Afternoon

d0056703_16374831.jpg
邦題「狼たちの午後」。1975年作品。

Al Pacino、John Cazale共演の超名作。

初見はTVにて。劇場型銀行強盗とでも言うべき、大変なインパクトを残すAl Pacinoの演技。こんな凄い役者はもう出てこないのでは?とさえ思わせました。

全体的な演出においても緊迫感漲るというか、その全てに無理、無駄がなく、テンポも抜群。

お気に入りのシークエンスは、囚われの身であるはずの銀行員たちのリラックスした様子。
いらだつ警察と対照的であり、凄く印象的。

70年代シネマを代表する不滅の一本。

Directed by Sidney Lumet.
[PR]
by olskooljam | 2015-11-27 16:59 | Movie

Death Proof

d0056703_10124920.jpg
邦題「デス・プルーフ」。2007年作品。

変態監督による変態趣味、マッドな映画。
それだけで表現しきっても良いくらいですが、改めて観るとよく出来ているんですよねこれ。
ギリギリ70年代を体験している私のような世代には、ピリピリくるような描写の数々。
Kurt Russellのえげつない演技も激ヨシ。

お気に入りのシークエンスは、やはりラストのカーチェイス・シーン。
なぜか本人役で出演してるZoe Bellの驚異的なまでのスタント!
彼女の素性を知らない方がみれば、これはドッキリ?と思わせるほどスンゴイ。
一言、参りました。

Directed by Quentin Tarantino.


[PR]
by olskooljam | 2015-11-27 10:37 | Movie

Jack Reacher

d0056703_9293142.jpg
邦題「アウトロー」。2012年作品。

Blu-Ray盤(60-inch 1080p HDTV+5.1ch環境)にて鑑賞。

なんとなく見逃していた一本。
Tom Cruise主演作にしては地味な印象の映画。
ですが内容はなるほど、いや地味。地味ですが、シブい。

Jack Reacherシリーズと言われても、
無知で門外漢な私はよく分かっていないのでが、
キャラクターとしてはゴルゴ13的?でしょうか。
格闘シーンにしてもやけに説得力があります。

相手役はRosamund Pike。
最近ではあのゴーン・ガールでの怪演が印象的な彼女ですが、
ここでの役回りと役作りもなかなか。
抑え目に演じていますが悪くはありません。

Directed by Christopher McQuarrie.


[PR]
by olskooljam | 2015-11-26 20:28 | Movie

Zulu

d0056703_1242184.jpg
邦題「ケープタウン」。2013年作品。

Blu-Ray盤(60-inch 1080p HDTV+5.1ch環境)にて鑑賞。

気になっていた刑事モノを初見。
淡々と進む映像テンポは独特。ここは好き嫌いがハッキリ出そうな感覚。
主役のOrlando Bloom。個人的に意識したことのない俳優ですが、(70年代的な)酔いどれの刑事というイメージをうまく体現。好印象。

お気に入りのシークエンスは海岸での捜索シーン。美しい砂浜と対照的な血なまぐさい活劇に緊張が走ります。

クライム・サスペンス的な要素もあるナカナカの骨太映画。

Directed by Jerome Salle.


[PR]
by olskooljam | 2015-11-21 15:07 | Movie

witness

d0056703_16245477.jpg
邦題「刑事ジョン・ブック 目撃者」。1985年作品。

敬虔なアーミッシュの世界を描いた懐かしい一本。
主役は当時(今もでしょうか)絶好調のHarrison Ford。
幅広く、いろんな役をこなすことが出来る名優という評価は、この映画辺りで確立されたように思います。

忘れられないシークエンスはやはりあのダンス・シーン。確かラジオから流れてくるSam Cookeの"What A Wonderful world"で踊る映写ですが、とても自然で印象的。相手役のKelly McGillisも美しく。

恋愛要素もサスペンス要素も同居する素晴らしい名作。

Directed by Peter Weir.
[PR]
by olskooljam | 2015-11-19 16:52 | Movie

Black Sea

d0056703_15481165.jpg
邦題「ブラック・シー」。2014年作品。

非常に気になっていた作品。ですが全然話題にもならず、公開館もごくわずか。
しかしBlu-Rayの発売が決まったようです。

安定の潜水艦モノ且つあのJude Law主演作。
そういう意味では、最初からある程度面白さが保障されているような映画。
実際予告編を観る限りでも、お約束の?仲間割れが発生しており、深海で繰り広げられるスリリングな展開が楽しめそうです。

Directed by Kevin Macdonald.


[PR]
by olskooljam | 2015-11-19 16:06 | Movie

Run All Night

d0056703_11582180.jpg
邦題「ラン・オールナイト」。2015年作品。

Blu-Ray盤(60-inch 1080p HDTV+5.1ch環境)にて鑑賞。

どういう訳か絶好調のLiam Neesonが名優Ed Harrisと絡むアクション・ムービー。取り立てて新鮮なテーマではなく、物語の構図等は非常に分かりやすい作品。
ですが、Ed Harrisが出演。その点だけで観なくてはいけません。

重厚且つ深みある演技。今回は老獪な役回りですが、説得力は抜群。センタースピーカーから低く響いてくるセリフ廻しが実に堪らない。本当にいい役者です。

個人的に困ったのは、Common Senseが結構な役回りで出演していること。どうしてもRapperとしての彼を知りすぎているので、この役には違和感、ギャップが...

Directed by Jaume Collet-Serra.


[PR]
by olskooljam | 2015-11-06 12:27 | Movie

Star Wars: The Force Awakens

d0056703_22143834.jpg
邦題「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。2015年作品。

いよいよ来月!!!
ハロウィン狂想曲も何とか終わり?、世界的な盛り上がりはいよいよこの大本命へと移行していく訳です。

我が家については、男衆は全員すっかりSWフリークに仕上げてありますので、あとはもういつどこで、何回観るのかという臨戦体制です。

さて、問題は本編の内容。
今回は良くも悪くも例のKylo Renがキーを握っているのかと思います。そして大事なのはこれで終わりではないということ。最終的な9作目までうまく繋げていくような新プロローグ的エピソードが描けているのかどうか。ここが重要です。

SWシリーズは劇場で体験してこその映画。いよいよまたJohn Williamsのあのスコアが、劇場の隅々まで鳴り響きわたります。
兎にも角にも待ち遠しい!

Directed by J.J. Abrams.


[PR]
by olskooljam | 2015-11-03 21:48 | Movie