<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

The Funky 16 Corners

d0056703_1822667.jpg
V. A. - The Funky 16 Corners (2001)

Stones ThrowからリリースされたClassic Deep Funk Compilation。名著「FUNK 45's」掲載盤。全20曲。

定番中の定番。Funkクラシックのコンピは無数にあれど、ここまで充実したAlbumはなかなかないでしょう。実際あまりに内容が良いため、何と2013年にボートラ2曲を追加してリイシューされていたりします。

Carleen & The Groovers - "Can We Rap"他獰猛なファンクばかりと思えば、The Wooden Glass featuring Billy Wooten - "In The Rain"辺りでは一気にクールダウン。絶妙な選曲。

言わば、現代の「In The Jungle Groove」的立ち位置の作品。グレイト!


[PR]
by olskooljam | 2015-08-30 18:48 | Deep Funk

Richard Marks

d0056703_1341015.jpg
Never Satisfied The Complete Works: 1968-1976

本年度リイシュー大賞間違いナシの究極盤。著名ガイド本類にも登場してこないソウルシンガーですが、クオリティーに仰天!

Albumはリリースされておらず、原盤7吋類は相当なコレクターじゃないと所有していないようですが、ファンクもスローも文句ナシ。特に"Ups and Downs"、"Living My Life"、”Innocent Bystander"辺りは「珠玉の」と言っていい、あまり聴いたことのないクラス。

しかしここまで内容があって、なぜRichard MarksはAlbumまで結びつかなかったのでしょう。



けして唄が上手いだけではない、魂を感じさせるグレイト・ソウル・シンガーの全貌。マスターテープを掘り起こしてきたNow-Againにも拍手喝采!
[PR]
by olskooljam | 2015-08-29 14:04 | Deep Soul

キング・クリムゾン (KAWADE夢ムック 文藝別冊)

d0056703_2301833.jpg

先日CDショップに行ったのですが、購入したい作品(新譜)がなく、結局レジに差し出したのがこのムック。まだ全て読めておりませんが、全体的に非常に濃ゆい内容。初心者的視点で分かりやすく書かれた文章もあり、大変に良くまとまっています。

しかしRobert Frippは一体今いくつ?やめるやめると言いながら、いまだにこの怪物バンドをハンドリングし続けている様は、まさしく驚異的。

フリークの方にも、そしてこれからの方にも非常にオススメ。


[PR]
by olskooljam | 2015-08-25 23:15 | Book

Rickie Lee Jones

d0056703_22312869.jpg
Rickie Lee Jones (1979)

寝苦しかったこの時間帯も、ようやく一息。少しだけですが、涼を感じるようになりましたね。

さて、このAlbum。あまりに定番すぎて、今更何も語る必要性はありませんが、初めて聴いたのは、学生時代。演奏の素晴らしさと唄声の瑞々しさは当時聞いたまま。全然古くなりません。

私のお気に入りは"On Saturday Afternoons in 1963"。ピアノの音色が、幼少時代の気持ちを思い出させてくれます。

去りゆく夏の日。今日はこのマスターピースを聴きながら眠りにつくとします。


[PR]
by olskooljam | 2015-08-24 22:48 | Folk

olskooljam classics vol. 284

d0056703_2382532.jpg
The Temptations - Hoops Of Fire (1991)

スタンダップ・コーラスの最高峰TEMPSの名曲。
ふと気が付くとなのですが、最近めっきり普通の唄モノ、普通のソウル・ミュージックを聴くことが少なくなっていました。
これは暑さのせいなのか、中年だからなのか、イヤそうではないのか。

そこで久しぶりにこの作品。スローのとんでもない仕上がりに今更仰天!
改めて聴くAli-Ollieの唱世界の、あまりの素晴らしさに、ただただ感動。


[PR]
by olskooljam | 2015-08-17 23:23 | olskooljam classics

Dressed To Kill

d0056703_1962052.jpg
邦題「殺しのドレス」。1980年作品。

フリークとして絶対外せない、忘れられない一作。
初めて観たのは、当時地元で一番大きな映画館。
しかも何と父親と姉と一緒という、ちょっと考えられないシチュエーション。

冒頭から強烈に激しい濡れ場。当時小学生だった私は、何だか気まずく居心地の悪い思いをしたものです。

音楽はPino Donaggioが担当。ムーディ且つスケールの大きなスコアは、この映画を特別なものに仕立てるのに充分です。

Directed by Brian De Palma.
[PR]
by olskooljam | 2015-08-14 19:26 | Movie

Boyhood

d0056703_2351596.jpg
邦題「6才のボクが、大人になるまで。」。2014年作品。

Blu-Ray盤(60-inch 1080p HDTV+5.1ch環境)にて鑑賞。

「何でお兄ちゃんは友達の家に泊まったことがあるのに、俺は泊まっちゃだめなの?」

夏休みに入り、ふと下の子に言われたその一言に胸を締め付けられました。

3時間近い映画ですが、私は全く飽きることなく最後まで観通すことができました。
特別盛り上がるシーンもなく、映像は淡々と家族の日常を映し出します。
しかし、役者を変えることなく、12年間撮り続けたその事実は想像以上に深い。
全出演者に拍手喝采!

自分と妻との子育ての苦労と喜びにも重なり、素晴らしいひとときを過ごすことができました。

Directed by Richard Linklater.


[PR]
by olskooljam | 2015-08-06 23:40 | Movie