<   2014年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

olskooljam classics vol. 279

d0056703_058597.jpg
Bobby Womack - Let Me Kiss You Where It Hurts (1985)

最近仕事の疲れが体力的、精神的、年齢的にも抜けない日々が続いています。
休日などはひたすら心と身体を休めることに専念しているような状態。

ああ、あの若き日、Bobbyと出会えたあの懐かしき日の想い出は、既に四半世紀ほど前のことになるのでしょうか。


※ ※ ※


2回目の来日だったかと思いますが、名古屋の小さな箱でついに体験したBobby WomackのLiveは、まさにザ・ソウル・ショウ!
手抜きなど一切なし。
唄って、踊って、名曲のオンパレード。知っている楽曲は全力で一緒に唄ったものです。

ショウも中盤に差し掛かり、Bobbyは一旦休憩の為ステージ袖へ。
バンドの演奏を見守っているその時でした。

観客席の一番前でかぶりつきで観ていた私は、いてもたってもいられず、思わずステージ上に手を伸ばし、

「Bobby、Bobby!!!」

タオルで汗をぬぐっていたBobbyは、どうにも必死な私に二度見で気づいたようで、何と再びステージまで戻ってきて、ニッコリ笑顔でしゃがみガッチリと握手。
そしてすぐまたステージ袖に消えました。

バンドのメンバーも、他のお客さんも、みんなあいつは一体何者?誰?状態でビックリ。
勿論当事者の私自身が一番ビックリ!

その後はもう夢見心地。。
感激も冷めやらぬ中、Live終了後にはしっかりと出待ちをして、一緒に肩を組んで写真を撮り、大好きな「So Many Rivers」のLPには私の名前入りでサインをして頂きました。

あの時、Bobbyは確か44歳。
私は既にその時のBobbyより年老いたことになる訳ですが、疲れた中でもサービス精神を忘れず、全力でこの文化を愛し、共に生きたBobbyは我が生涯の師匠です。

今はただ、安らかに。


[PR]
by olskooljam | 2014-06-29 02:06 | olskooljam classics

Your Old Droog

d0056703_23122127.jpg
Your Old Droog EP (2014)

久々、骨太な新人の登場。

Your Old Droogは抑揚のないフロウなど、どう聴いてもNasフォロワーの一人のようですが、いやあいるところにはいるんですね。

トラックはVintage Soul~Old School使いでややアバンギャルド的ですが、どんな渋いオケが来ても全然ブレない強い喉。
"Good Times..."辺りはソウルフルで最高!

今のところ正体不明?ですが、Albumが出て来たら、相当話題になりそうです。
[PR]
by olskooljam | 2014-06-23 23:25 | Hip-Hop

隠し砦の三悪人

d0056703_13235896.jpg

The Hidden Fortress。1958年作品。

黒澤マニアのGeorge Lucas監督が、Star Warsでモチーフにしたというのは有名な秘話。
世代的に私は逆に先にStar Warsから入りましたので、イヤでもそれを意識しなくてはならない?状況で鑑賞したものです。

内容は言うまでもなく最高!
映画好き全てを魅了するストーリーと素晴らしい演技、構図の数々。

先日めでたく父親になった義弟(映画フリーク)の飼っている猫の名前は「六郎太」。
明らかにこの映画にインスパイアされているようです。

私信。おめでとう!

Directed by Akira Kurosawa.
[PR]
by olskooljam | 2014-06-21 19:13 | Movie

bmr No. 349

d0056703_16591135.jpg
2007年9月号

今は廃刊となったbmrの旧誌です。
サイズUPした後のbmrについては何かこう、(古くからのファン視点として)ちょっと進むべき道が違うのでは?と行く末を案じていたものですが、中には貴重な記事も残されています。

349号はLarge Professor特集カラー8頁!

Best WorksとしてEric B. & Rakimの3rdとKool G Rap & Poloの2ndを挙げてみえますが、なるほどというセレクションです。
Large教授関連のディスコグラフィーとしても秀逸で言うことナシ!

マグ・クラシック。
[PR]
by olskooljam | 2014-06-14 17:50 | Book

Star Wars Episode VII

d0056703_193144.jpg

小出し、小出しではありますが、随分情報が集まってきましたね。

個人的な興味となれば、革新的な映像美というよりも、やはりMark HamillとCarrie Fisherの起用。
現役感バリバリのHarrison Fordと比べ、映画同様に伝説的な存在となってしまっている二人が、一体どのような登場となるのか、今から楽しみでなりません。

The Saga Continues...
[PR]
by olskooljam | 2014-06-08 00:12 | Movie

olskooljam classics vol. 278

d0056703_1913318.jpg
Diamond D - "*!*!" What U Heard (1992)

Diamondの定番アッパー・チューン。
楽器の鳴りというか、ミックスがとにかく素晴らしく、音の粒立ち具合が絶妙!
Sampleもとんでもないところから切り貼りしています。

この曲、作っていて楽しかっただろうな。


[PR]
by olskooljam | 2014-06-07 19:10 | olskooljam classics

Q Harper

d0056703_1713556.jpg
It's Crazy (2014)
d0056703_1714461.jpg
Take It 2 Da Flo (2014)

ずいぶん久しぶりのような気がしますが、上記シングルを2枚リリース。
これはAlbumも近い?

Q Harperは唄ゴコロ溢れるソウル・シンガーですので、良い楽曲とプロダクション次第では、ある一定の層に対し猛烈に支持されそうな予感がします。

復活?を記念して大好きな一曲を貼っておきます。


[PR]
by olskooljam | 2014-06-07 17:14 | Indie Soul

The Dead Zone

d0056703_23143527.jpg

邦題「デッドゾーン」。1983年作品。

紛れもない80's隠れ名画の一つ。
ストーリーはStephen King印の上質で秀逸なもの。
最高難度の演技力が求められるこの映画の主役については、Christopher Wakenが性格俳優ぶりを全編いかんなく発揮しており、以外には考えられないほどに適役。

お気に入りのシークエンスは例のガゼボの場面。
構図は見事であり、寒さが手に取るように伝わってきます。

Directed by David Cronenberg.
[PR]
by olskooljam | 2014-06-02 23:36 | Movie

The Jerk

d0056703_22192136.jpg

邦題「天国から落ちた男」。1979年作品。

個人的に大好きな一作。
まずSteve Martinが黒人の養子という設定からしてもう堪らないのですが、そこへ持ってきての、あの動きとしゃべり方。

大好きなシークエンスとなると、やはりあのガソリン・スタンドでの一連のシーンでしょうか。
何度観ても絶品!

後期ダメおやじの世界にも通じる喜劇の傑作。

Directed by Carl Reiner.
[PR]
by olskooljam | 2014-06-01 22:43 | Movie

Cast Away

d0056703_2142130.jpg

邦題「キャスト・アウェイ」。2000年作品。

何年かぶりにゆっくり観ましたが、これはやはりクラシック。
人生は長く、人それぞれ。
比べるものではないのかもしれませんが、平凡だとも思われるような人生そのものが、素晴らしく有難いものでもあるということを、この映画を通じて学ぶことが出来ます。

しかしTom Hanksは何をやらせても上手いですね。
最初に意識し観たのは「BIG」だったでしょうか。
おお、この人は私の大好きなSteve Martin的な役者になるのかな、とその時は思っていたのですが、今や超大御所。

ラストの2つのシークエンスは何度観ても最高。
映画って素晴らしい。

Directed by Robert Zemeckis.
[PR]
by olskooljam | 2014-06-01 01:43 | Movie