<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

olskooljam classics vol. 194

d0056703_22545414.jpg
Jerry Johnson - "Black Freedom" (1982)

94年に日本のみ奇跡的にCD化されたお宝的一枚(激レア!)から、必殺の一曲。
Reggaeのインスト物と言うと、意外とこれが(Roots過ぎず、またLovers過ぎない)良質な音源は少ないかと思います。
Jerry Johnsonの1stソロは、SugarとBullwackieというWackie's最強コンビが手掛けた一枚ですが、Albumラストに収録されたこの曲は、哀切というか、何とも言えない一種の虚脱感が漂い特に特にムード満点。

Jerryのサックス音色って、本当に心からReggaeを愛しているというか、特にジワジワ滲み出てくるようなブロウが(ある意味Sugarの歌唱法にも似て)本当、堪らないんですよね。

一生聴ける珠玉のClassic Reggae Instrumental。


[PR]
by olskooljam | 2012-09-22 23:52 | olskooljam classics

The Great Escape

d0056703_1484837.jpg

邦題「大脱走」。1959年作品。

映画番長こと堀切日出晴さんの情報によると、「大脱走 製作50周年記念盤」のBlu-rayリリースがついに正式アナウンスされたとのことです。

誰が何と言おうと、映画史上最高の一本と言えば、やはりSteve McQueenの大脱走しかない、とおっしゃる方も多いかと思います。
いや、もうはい、勿論、全く異議ナシ!です。

リリース・デイトの続報が本当気になるところですが、11月登場予定の「アラビアのロレンス 製作50周年記念盤」同様、間違いなく丁寧な4Kレストアが施されるかと思います。

お色直し盤の登場をひたすら待つ、秋の夜長、一時。

Directed by John Sturges.
[PR]
by olskooljam | 2012-09-21 23:35 | Movie

olskooljam classics vol. 193

d0056703_20291631.jpg
Budgie - "Breadfan" (1973)

これもハードロック・ファンの方に怒られそうな大名曲ですが、Robert Palmer氏同様、私に言わせれば超絶ファンキーな一曲。

今更ですが、しっかりここで白状しておきますと、初めて聴いたのは御存知、人間椅子のカヴァー(イカ天で観ました)の方。
和嶋さんの(技術に裏打ちされた)圧倒的なギターリフの嵐に当時、「な、何これ、ヘビーメタル津軽三味線ファンク!?凄い!」と恥ずかしながら、感嘆していたのです。
その後、Budgieの、しかも73年のカヴァーということを知り更に驚愕。
ああ、今更ながら情けない。。

ちなみに人間椅子「針の山」は、個人的にはMetallicaの完全に上を行く、邦楽最強のカヴァーかと思います。
とにかくヘッドバンギング!


[PR]
by olskooljam | 2012-09-21 20:50 | olskooljam classics

Leon

d0056703_2043221.jpg
Chocolate (2012)

凄まじいバイタリティと覚悟の念を持ち、遠くEU圏は仏蘭西からソウルファンに挑戦する一枚。

唄声は思わず抱かれてもいい!と思わせる超骨太のバリトンテナー。時にあのAli、時にMarvin Junior、Spencer Wiggins(!)すら彷彿とさせる本格的アプローチの数々。

1曲1曲がまるでドラマ。泣きのシャウターと化した"Your Man"等、70年代のSoul Classicと比較可能なほど。これぞ即死級インディソウル。
[PR]
by olskooljam | 2012-09-21 20:10 | Indie Soul

olskooljam classics vol. 192

d0056703_19464453.jpg
Beres Hammond - "Rock Away" (2001)

これも今や完全にクラシック入り。2回目のエントリーでしょうか、大好きなBeresの一曲。One Drop Riddimも最高ですが、何よりこの曲は歌詞の素晴らしさですねもう。

昔を懐かしむ、というか、出てくるミュージシャンの名前がとにかく凄く、ちょっと挙げますと、

John Holt, Alton Ellis, Delroy Wilson, Dennis Brown, Big Youth, Josey Wales,
Smokey Robinson, Temps, Marvin Gaye, Spinners, Aretha Franklin

等々。仕上げに何とPatti Labelle!まで出てくる最強のビッグ・チューン。これで酔えなければウソ!という感じです。去りゆく夏と秋の訪れ。共に生きるReggaeの夕べ。


[PR]
by olskooljam | 2012-09-21 19:50 | olskooljam classics

olskooljam classics vol. 191

d0056703_2248379.jpg
John Lennon - "I'm Losing You" (1980)

Johnの遺作に収められた情念のファンキー・チューン。Rockファンの方から見れば、な、何その解釈?と言われかねませんが、Johnの唄声にまるで引きずられるように付いてくるリズム隊は、私にとって完全にファンクでソウル。グシャッ!とひしゃげたギターのチューニングも激ヨシ。永遠の名曲。
[PR]
by olskooljam | 2012-09-19 23:01 | olskooljam classics

Prometheus

d0056703_20571926.jpg

邦題「プロメテウス」。2012年作品。

週末金曜日は職場でも引越しがあり、とことんボロボロ状態でしたので、予定変更。
先ほどやっと、(3-Dですので吹き替え版を選択し)観て参りました。

久しぶりにワクワク、ドキドキといいますか、Ridley Scott監督のあの世界にドップリ浸かることができ、もう大満足。

思えば小学5年生の時、父親と姉と一緒に初めて劇場でAlienを観て以来の付き合いですから、私にとってRidley Scott監督作品は、映画鑑賞における「血と骨」みたいな感覚です(音楽で言うとIsley Brothers?うーん、そうなるとちょっと違う。。)

Blu-ray盤の発売が今から待ち遠しい、超極上のSFホラー傑作選。

Directed by Ridley Scott.
[PR]
by olskooljam | 2012-09-16 02:17 | Movie

olskooljam classics vol. 190

d0056703_22285955.jpg
Soul For Real - "If Only You Knew" (1994)

枚挙に遑がないカヴァーの中で、一番ヘタウマと評判の(?)一曲。
いやいや、これがまた、この拙い感覚を全面に出してくる作りが逆に奥深さを感じさせ、何とも言えず堪らないんですよね。

Album自体も、何かよく出来てはいるですが、正統派や、甘茶とは一味違う変な魅力満載の作品です。
Poke最高!
[PR]
by olskooljam | 2012-09-12 22:41 | olskooljam classics

Ry Cooder

d0056703_1711664.jpg
Paradise and Lunch (1974)

本日は個人的に久々の、休日らしい休日。これも久々に出てきまして、もう何年かぶりに聴いていますが、相変わらず強力に落ち着く作品です。

選曲もド渋というか、少なくとも70年代の前半にこうしてルーツを辿っていくような作品を、一枚ごとにAlbumにまとめ上げてきたセンスというか、そのキャリアは尊敬の一言しかありません。Ryのスライドも当然いいのですが、Jim Keltnerのドラムも最高なんですよね。

何度聴いても、どうしたって癒されてしまう作品。
[PR]
by olskooljam | 2012-09-08 17:25 | Rock

Blaze

d0056703_044899.jpg
25 Years Later (1990)

ガラージュ繋がり。引越しのどさくさで出てきたBlazeのコンセプト作。

久々に通して聴きましたが、いやあ相変わらずの超絶傑作。全体の体裁、フォーマットとしては当然Houseですが、醸し出す世界は完全にニューソウル。JB(いや本当)やMarvin、Curtisの影響を隠そうともしない姿勢が逆に清々しいばかり。若いソウルファンの方々も、90年代モノを掘る場合、これだけは絶対に押えるべき!

アートワークも含め、いまや完全に古典クラスの逸品。
[PR]
by olskooljam | 2012-09-04 00:11 | House