<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

300

d0056703_2192190.jpg

邦題「300 〈スリーハンドレッド〉」。2007年作品。

大雨の最中、頑張って鑑賞してきました。
全体的に史実に沿った内容だとのことですが、絵的にはモロRedley Scott監督の"Gladiator"的な雰囲気が全体を覆っていたような感じです。

スローモーションを多用しながらもテンポの良い撮影術も、現代感覚溢れるスタイリッシュなもので、主演のGerard Butlerの熱演も相まって、確かにこれはよく出来ています。

R-15指定ですが、こんな映画30年ほど前に観たら、相当インパクトあっただろうなあ。
どういう訳か、Mad Maxが観たくなりました。

Directed by Zack Snyder.
[PR]
by olskooljam | 2007-06-25 00:15 | Movie

Allen Anthony

d0056703_2362317.jpg
今ではあまり積極的ではありませんが、Joe Lynn Turnerのようなシンガーは好みですし、なぜか車にいつも入れてあるRollins BandなどRockやMetalも絶対的に聴かない訳ではありません。しかしAllen Anthonyこの転身ぶり(?)には素直に驚きました。

Allen Anthonyは元Christion出身で、2004年にRoc-A-FellaよりSolo Album"Oakland International"が予定されていたものの結局はお蔵入り。しかしその唄声に対する評価は高く、R&Bフィールドでの更なる活躍が期待されていたはずでした。

ところが今は
d0056703_23562779.jpg
http://www.abandcalledpain.com/

なんと名前をAllen Richardsonに変えて(戻して?)、"A Band Called Pain"なるMetal Rock Bandを結成、あの様式美的な世界で活躍しているみたいなのです。

これが彼の最終的にやりたかったことだとすれば、それはそれで良いのでしょう。ただ果たしてあの繊細な唄声が思う存分活かせるジャンルかどうか。うーんそれは微妙です。。
[PR]
by olskooljam | 2007-06-24 00:16 | Showbiz

olskooljam classics vol. 38

d0056703_020360.jpg
Terence Trent D'Arby - "Who's Loving You" (1987)

作者である御大Smokey家の令嬢も痺れたという(?)逸話を持つ最強カヴァー・チューン。Samつながりで久々聴き直したのですが、まあありえないほど力強いシャウトの連続で、今でも充分ぶっ飛ばされますねこれは。
Motown30での熱いパフォーマンスには本場の観客も総立ち、勿論こちらは鳥肌バリバリ!ソウルってこれなんですよね。
[PR]
by olskooljam | 2007-06-22 00:36 | olskooljam classics

Sam Cooke

d0056703_22525241.jpg
Sam Cookeはどうなんでしょう、ギリギリ私世代くらいまではソウルの基本中の基本というか、学生の時は今ほど豊富にカタログも揃っていなくて、ベスト盤とライブを飽きることなく繰り返し繰り返し、とにかく必死で(?)聞いたものです。

しかしOvationsのLouis Williams、Willlie Hightower、JTやBobbyというようなSam直系のシンガーなど、南部産インディはともかくメジャー系の新譜では滅多に出会わなくなったのもまた事実。寂しいですがこれもまた時代の流れなのでしょう。

ところでこの写真ってもしかして、非常に有名なものなのでしょうか?カラーというのもイムパクト大なのですが、Samの息遣いまで伝わってきそうな大変素晴らしい一枚で、こんな見事なポートレイトが残っていたことにただただ感激、カメラマンに感謝の一言です。

今夜は久々、Sam Cookeの唄世界に酔いしれています。
[PR]
by olskooljam | 2007-06-17 23:48 | Soul