カテゴリ:New Soul( 3 )

Donny Hathaway

d0056703_17123730.jpg
Never My Love : The Anthology (2013)

いやあ、ついにリリースされますね。
ちょっと前にこちらでもエントリーしましたが、 最終的にはCD4枚組で、スタジオ未発表曲は13曲(!)入るとのこと。
当たり前ですが、やはりライヴも含め音源は相当残っているんですよね。

Rhinoの仕事ですから、仕上がりは間違いないところかと思いますが、そうなればジャケットも今まで見たことがないようなポートレイトを使ってほしかったところです。
そう、あのSpencer WigginsのKentリイシュー盤における、素晴らしすぎるジャケットのように。。

いや、贅沢な妄想はさておき、とにかく楽しみ!
[PR]
by olskooljam | 2013-10-05 17:31 | New Soul

Donny Hathaway

d0056703_23475198.jpg
Memory Of Our Love (2013)

このBlogでは基本CD化されているモノを取り上げてきましたが、あまりにも内容が素晴らしいので、CD化される前に一度ここに記しておきます。



Atlanticに残された未発表音源の蔵出し2曲からですが、Youtubeで聴く限り、このBサイドは有り得ない完成度!

Donny自身の唄声はやや(あえて?)控え目ながらも、超グルーヴィーな演奏陣と見事なまでにシンコペーション。ギターのカッティングとコンガの絡み具合はまさに神。
6月には爽やか過ぎて湿気も無くなる勢いです。
最高!
[PR]
by olskooljam | 2013-06-02 00:01 | New Soul

Donny Hathaway

d0056703_23153976.jpg
from left to right : Donny Hathaway, Arif Mardin

Donny Hathawayはあまりに偉人過ぎて、私ごときが語るべきではないのですが、学生の時はニューソウルってなんて深い音楽なんだろう!という感じで、それこそ恋愛(勉強?)そっちのけで夢中になって聴いていました。

アメリカに生まれた黒人の悲哀とその歴史、公民権運動やベトナム戦争という絶望感漂う時代背景の最中、真のミュージシャン・シップが生み出したDonnyの音楽は、今もってまったく衰えない説得力とテーマを持っています。

"Someday We'll All be Free"や"A Song For You"神懸りカヴァーはもちろん、暖かくリラックスした定番のLive音源、"This Christmas"や"You were Meant For Me"、"Love, Love, Love"、"The Ghetto"等々、Donnyの残した楽曲で嫌いなものを探すほうが難しく、今夜は久々じっくり聴き込み心が震えました。

ところで世代的に絶対影響を受けているであろうGlenn Jones、今回のStevieもいいのですが、Al Wilson-"Show & Tell"の素晴らしいカヴァー同様、Donny Hathaway辺りも何か一曲聴いてみたい気も、ふとしました。
[PR]
by olskooljam | 2007-05-28 00:55 | New Soul