カテゴリ:Live( 3 )

Chris Hart

d0056703_17382966.jpg

ああ、GWもあっという間!
この年になると家族全員が揃って、なーんていうイベント計画はなかなかこれが色々と難しくなってくるものです?

という訳で私は本日、地元のショッピングモールに買い物がてら、子どもと一緒にChris Hartのストアライブに参加してきました。

d0056703_17461183.jpg

Chris HartはTVで何度か見て、唄声自体(当たり前ですが)完全R&Bのそれに近く、また生で聴いてもおそらく相当安定していそうだなと思っていたのですが、いやあ凄い!

1回目のイベントでは、最初サウンドチェック用に少しさわりを唄ったのですが、全く録音された状態の良い時の唄声そのままで、ほとんど完璧。
どこまでも伸びていくその高域、フレージングはまるでSam Salter(!)のよう。



唄声も、ブレスも何もかも、まるでCDと同じレベルを普通のストアイベントで再現することが出来るこの実力。

うーん、聴けば聴くほどにR&Bスローを唄わせてみたい。
[PR]
by olskooljam | 2014-05-06 18:05 | Live

Prince

d0056703_23373845.jpg

私が学生の時ですが、Princeが来日し、しかもあの大赤字と評判の大規模ステージ「Lovesexy Tour」がここ日本で観れる!ということで、最大にして最高のチャンスが目の前にあった訳なのですが、何と私はみすみす見逃しています。
同級生のI君は体験しているのですが、それはもう無駄に無駄を重ねた?素晴らしいShowだったとのこと。
車まで持ち込んだステージが今でも語り草になっています。

85年だったかな、大好きなJBが来日した時は、言い方は悪いのですが、全盛期の半分の魅力すら感じられない晩年のパフォーマンスには正直どうしても興味が湧かなかった為、あえて観に行っていないのですが、Lovesexy Tourについてだけは、今もって本当に後悔しています。
I君いいね!

※ ※ ※

さて、思い出話はこの辺で。
最近のPrinceについては、正直完全にノーマークで、何も興味が無くなっていたというのが本当のところ。
Princeは良いメロディーを書くのですが、リズム的には面白くないんですよね。
ワン、ツー、ワン、ツー、という例の2ビートにこだわってFunkを作り込んでいるので、旧譜などは今聴き返してもどうしても年代を意識せざるをえないという。

ところがこの曲です。



完全に今、今のフィルターを通しているのですが、ベイスとドラムの動きも面白く素晴らしい仕上がり。
久々、痺れましたが、Albumもこのレベルの楽曲ばかりならば相当凄いものが出てきそうですね。
楽しみ!
[PR]
by olskooljam | 2014-03-09 00:31 | Live

My Personal Memory of Roger Troutman.



80年代後半頃だったと思いますが、まだまだバリバリ元気だったZapp一座を、友人と一緒に名古屋で観た記憶があります。

ライブは箱が小さかったこともあり、これは相当Rogerと接近できるかも、、と期待していたところに、いきなり観客席後方(私の真後ろ)から、な、何と肩車されたRogerが登場!ワッショイ!ワッショイ!猪木!猪木!

揉みくちゃになりながら入場する際、とっさに思わずあのロング・アフロを触ってみましたが、ワックスが手にべっちょり付いたのも今では懐かしい思い出です。

ライブそのものも、上記Youtube同様、最高の盛り上がりで完全に痺れましたが、その後が実は凄かったんです。

終了後、1フロアー下にあったレコ屋で、余韻冷めやらぬ中、ソウルCDを物色しているところへ、な、何とビシっとスーツに着替えた御大Rogerが登場!私たちの真横で、同じくソウルCDを物色しはじめたのです。真横で見るRogerは、ステージの印象とは違い、意外と小柄であったことに驚きましたが、それよりもやはりRogerも我々と一緒で一ソウルファンでもあるんだと、当たり前の事実になぜか一安心?

そこで、これは千載一遇の大チャンス!とばかりに、友人が持ってきていたZappの2ndLP見せ、

「Roger、あなたの大ファンです!宜しければサインしていただけませんか?」

と思い切って話しかけると、Rogerはもうこれ以上ない笑顔で、

「what your name? 」

と言いながら、マネジャーらしき人物から黒マジックを受け取り、LPに「Taxy, Roger Troutman」と、私の名前(本名)入りでサインしてくれたのです。そしてガッチリと握手。私は勿論両手で握手。感動。。

※ ※ ※

以前、コメントであのJames Ingramは、サインなど滅多にしてくれない厳しい人物像だとお聞きしましたが、Rogerはまさにイメージ通りというか、Liveでは完全にエキサイトし、逆にプライベートではむしろ凄くジェントルマン。もう素晴らしい人物でした。

季節も少し、涼しくなってきたようですが、今夜は少しほろ酔い加減でLPを手に取り、想い出に浸っています。
[PR]
by olskooljam | 2013-09-07 23:18 | Live