カテゴリ:Interview( 6 )

Kipper Jones -かく語りき- Part.2

d0056703_22331320.jpg
http://www.myspace.com/younglegendsrecordings

皆さんはもう体験されましたでしょうか?

Kipper待望の2ndは実に17年ぶりという遅延作でしたが、一聴するとこれが非常に地味。しかし、じっくり正面から向かい合うとこれがもうホント、素晴らしい!

特に"Sit Down"のディープな味わいは、Kipのソウル・センスがハモンドの隙間からじわじわと滲み出てくるような仕上がりで、やはりそんじょそこらの若手とは役者が違うという感じでした。

Tease~Chuckii Booker~Kipper Jonesは個人的にも非常に思い入れある世代。一人のファンとして、今回まさかのこの復活劇のなぜ?を直接聞いてみたくなり、ダメ元で訊ねてみましたら、これがまた非常に丁寧に答えてくれましたので、少しその発言を取り上げてみたいと思います。

ちなみにタイトルは、BMR誌No.198の松尾"KC"潔さんのインタビュー番外編ということで。。(^^;


taxy(以下T):Hi Kip、元気かい?Tease時代からずっと君を追っかけてきたけど、今回突然の2nd発表は本当に驚いたよ。でも、なぜこんなにも時間がかかったのかな?

Kipper(以下K):Hey Taxy、そう言ってもらえるのは俺にとって励ましになるし、誇りに思うよ。有難う!それとAlbumを出すのに時間がかかったというより、この国では今、俺たちのような音楽はあまり歓迎されていないんだ。でも、誰かがこうして興味を示し、評価してくれることは非常に素晴らしいことだよ。

_T:こちらこそ有難う!でも、その意味わかるよ。本当のソウル、R&Bって何か、、何を唄うべきかという視点は今のシーンからはあまり感じられないしね。けして売ることだけが全てではないと思うよ。

_K:俺が今インディを活動の主としているのは、メジャーは一種の年齢制限的なものがあるからなのさ。ひどいだろ?でも実際そうなんだから仕方ないけれど。それに今は技術が革新し、昔のように何人もミュージシャンがいなくても、インターネットやPCを使いこなすことによって一人で何でも出来るからね。ある意味いい時代だよ。



な、なるほど、、という感じです。過去の発言でもあったメジャーや、ラジオ局への辛辣とも言える発言の数々は、今もってkipの心の奥底にあるんだなあということがよく分かり、今の業界をとりまくこの閉鎖的な状況に、R&Bを愛する一ファンとしても、なんとも複雑な気持ちになってしまいました。はい。

閑話休題。今度はお互いの趣味の話へ。

個人的に最近お気に入りのソウルマンLemarvin(ホント出るのか?)を、あのKipper Jonesが聴いたら果たしてどう感じるのか?ということで、彼のとびきりソウルフルな"Impossible"を無理やり聞いてもらいました。


_K:Wow Taxy!このシンガーはいいね。Lemarvinはワンダフルだ。あんまり気に入ったから、最近知り合いみんなに彼のことを教えてまわっているくらいなんだ。教えてくれて感謝するよ。

_T:気に入ってくれてこちらも嬉しいよ。リリースが楽しみだよね。ところでKipの最近お気に入りのミュージシャンって誰なのかな?

_K:今かい?えーっと今のお気に入りはFrank MccombとKurt Ellingかな。それとBeyonceは本当に好みだし、尊敬しているよ。あとはそうだなあ、Anaysha Figueroaって知ってるかい?Kirk Franklinといっしょに唄っている子なんだけど、彼女はすっごくいいよ。それとJames Taylor!彼は俺の永遠のフェイバリットだね。

_T:Frank Mccombは好きだよ!彼はまるでDonny Hathawayみたいに唄うよね。James TaylorはJames JT Taylorか、それともあのJames Taylorのこと?勿論どちらも大好きだよ!(その後シンガーソングライターのJames Taylorと判明、さ、さすがに守備範囲広い!)

_T:一つ気になっていたんだけど、Chuckii Bookerって今どうしているのか知っているかい?彼の消息が最近つかめないんだけど。

_K:Chuckiiは確か、Lionel Richieのツアーでミュージカル・ディレクターをやっていたはずだよ。そう言えば良く考えたらここ数年、Chuckiiとは全く話すらしていないんだよなあ。。

_T:その仕事は知らなかったなあ。情報有難う!それともう一つ気になっていたんだけど、Wade O. Brownとの仕事、コンポーザーぶりは見事だったよね。感動したよ。でもあれはまたどうしていっしょにやることになったのかな?彼は確かCanadaだし。彼のほうから声が掛かったとか?

_K:Wadeとは俺の以前マネージャーだったRamon Herveyに紹介されて知り合ったんだよ。Ramonは前からWadeとは何回か仕事をしていて、その縁からだね。俺たちはすごくいいチームだと思うよ。うん。今のところはまったく問題ないね!



どうですか、この堂々とした態度と発言の数々は。KCさんによると実際のKipperはかなり饒舌な人、ということがよく分かるやりとりでした。

ここでの内容はほぼ1ヶ月くらい前なのですが、今KipperはそのWade O. Brownの待望の3rd(!)の為に、自宅で集中して新曲を書いているとのこと。いやあまた一つ楽しみが増えました。


Hi Kip thank you everything & still waiting for your brand new arts !
taxy a.k.a. olskooljam
[PR]
by olskooljam | 2008-02-25 23:45 | Interview

about Devon Howard New Album.

d0056703_23184442.jpg
当初は夏に何かドロップすると言っていたような気もしますが、もはや済んだ話などさておき(?)DevonのNew Albumについてです。前回のRemix集は正直玉石混合といった感じで完成度云々という作品ではありませんでしたが、はたして次回作はいったいどうなるのか、興味津々で聞いてみました。

_taxy(以下T):Devon、今回は新作についてちょっと聞かせてほしいんだけど、正式なリリース・デイトはいつ頃になるの?

Devon(以下D):OK、taxy。ニューアルバムは来年になりそうなんだ。まだ確実には決めていないけれど、出来れば来年3月までにはリリースしたいと思っているよ。

_T:じゃあタイトルとかは?

D:タイトルもまだだよ。ただ新作は前作よりもっとUrban Styleでそして個人的な内容になるはず。今まで以上に全体をコントロール出来ているし、新作は最高傑作になると思う。何より僕自身が成長を感じているよ。

_T:新作のプロデューサーと、もし誰か参加する予定のミュージシャンがいたら教えてください。

D:今回は今までやってきたメンツではなく、全て違うプロデューサーと仕事する予定。それは前作までと少し趣を変えてみたかったこと、そして曲毎に違うヴァイブが欲しかったからなんだ。あ、それからRemix集で仕事をしたDi-chyとはまた何曲かやるかもしれないね。

_T:以前相談していたR&B Classicカヴァーだけど、結局今回はどうするのかな?

D:うーん今回は最終的に収録しないことにしたよ。でもチャンスがあったらぜひまたトライしたいね。もしやるならBabyfaceのAlbum"Tender Lover"から"Given A Chance"か、The JacksonsのAlbum"Victory"から"One More Chance"のどちらか。どちらも大好きな曲なんだ。

_T:DevonのMyspaceでUpされているバラッド"Love"は本当いい曲だよね。この曲は新作には収録されるの?

D:ありがとう、僕はスロー・チューンが好きなんだ。バラッドといえば"Love"の他にもう一曲"Other Side of The Bed"という曲もあるんだけどこちらも僕にとって特別な曲だよ。これらの曲を通じて僕はシンガー、そしてソングライターとして今まで味わったことにない境地に達した感じがしたんだ。この2曲は僕のスタイルそのものを端的に表していると思うね。ああ、もう早く新作を聴かせてあげたいよ。

_T:ところで話は変わるけど、DiversitiのEricらしきMyspace見つけたんだけど、EriqってEricのことだよね?

D:そう、その通り、あれはEricだよ。僕たちはいまだに仲がいいんだけど、でもいっしょに音楽をやることはもうないと思う。

_T:じゃあ最後に日本のファンへ何かメッセージを。

D:まず最初にいつも応援してくれてありがとう!僕は長年この業界に身を置いてきて浮き沈み激しかったというか、けしていい時ばかりじゃなかったんだけれど、今まで続けてこれたのは音楽を愛していること、そして何よりみんながサポートし続けてくれたからなんだ。言葉では言い表せないほど多くの愛を感じるよ。本当に感謝しています。いつかみんなに会いたいな。



いかがでしたか?相変わらず丁寧な受け答えでこちらは恐縮しまくり、感謝の一言なのですが少なくとも新作が充分期待するに値する、そして必ずリリースされるという感触だけはつかめたような気がします。
またカヴァーに関しては以前よりいろいろ話してはいたのですが、Randy Jackson"One More Chance"はめちゃツボりました。TOTOの"Africa"同様80'sならではの真にキラーなミディアムのこの曲はまさにDevonの持ち味にピッタリ!ああ、ぜひとも実現させてもらいたい案件です(^^;。それでは今夜は"About You"を聴きつつこの辺で。

thank you everything, Devon.
'n my kids said BIG HELLO !

taxy
[PR]
by olskooljam | 2006-09-21 23:55 | Interview

about Jesse Campbell's New Project.

d0056703_2113381.jpg
original photo from http://www.jessecampbell.com/

久しぶりにJesseから連絡がありました。
以前教えてくれた例のコンゴス新作に関してなのですが、どうやら今のところ順調にプロジェクトは進行しているとのこと。ほっ。

Jesseいわく、

"この業界ではしっかりとした準備、そして計画を立てることが成功への鍵になるんだよね" 

うーん当たり前ですが、大人です。はい。
今夜は1stを聴きながら書いていますが、やはりこれだけ想像力を沸き立ててくれる唄声は本当無いです。
スローでは一つ一つのフレーズを噛み締めるかのようにじっくり丁寧に、そしてアップでは感情の高ぶりを抑えることなく爆発的に唄う。

ついにリイシューされた2ndは完全な賛美歌の為かそれほど話題になっていないようですが、待ちに待った3rd、、、ああ、とにかく楽しみです(^^)。

Jesse有難う!
[PR]
by olskooljam | 2006-05-10 22:00 | Interview

Jesse's Brand New Topics.

d0056703_0175619.jpg
original photo from http://jessecampbell.com/

既に10日ほど前の話となりますが、実はずっと気になっていたことがありましたので、直接Jesseにコンタクトをとって聞いてみました。

Jesseは以前よりあのDave Hollisterとは兄弟だというのが定説で、顔はもちろん、ハイテナーでグイグイ唄いまくるあのシンギング・スタイルはもうそっくりで私もまず間違いないと思っていました。
ですが、姓も違いますので聞いてみたところ、Jesseいわく、

"実は本当の兄弟じゃないんだ"

な、な、何とっ!まさかの返答にびっくりしたのですが、続けて、

"僕たち二人はただ一緒に育っただけさ.."

と一言ポツリ。

うーん、何やらあまり語りたくなさそうな感じで、私もそれ以上問い詰める訳にもいかず、一ファンの立場をわきまえ、このディープな話はここで終わりにしました。
またもう一人深く関係していると言われているあのGenobia Jeter Jonesに関しては、Jesseはその名前すら知らないという有り様。

もういかに噂というものが一人歩きするものということでしょうか。
真偽のほどは、DaveやGenobiaにも聞いてみないことには判りませんが、聞いた瞬間は驚きのあまりめまいすらしました。

しかし更に衝撃の情報が。

"今年もう一枚Albumを出す予定なんだ。実は今録音中なんだけど、タイトルはそのまま"Hymns From The Heart Vol. 2"。録音はあと3週間くらいで終了予定。今度は完全なContemporary Gospel Styleで、インディじゃなくメジャー配給でのレコーディングなんだ。何とか秋には出せると思うよ"

キ、キ、キターッ!!!って感じでもうびっくりです。
2ndがリイシューされたこと自体凄いのに更に今年もう一枚、しかもコンゴスが聴けるなんてもう、、感無量とはこのことです(TT)。
もうこの際歌詞はジーザスでもR&BスタイルのJesseならば絶対に凄いと思いますよ。
桁違いに壮絶な唄が聴けそうで私は今から武者震いです(^^;

Jesse本当に有難う、そして最高!
[PR]
by olskooljam | 2006-02-26 01:00 | Interview

Interview with Devon Howard part.2

d0056703_2223310.jpg
"本当にレコード会社とプロのグループとして契約出来たんだ。それはまるでシンデレラ・ストーリーのようというか、信じられないほど不思議なことだったよ。でも全ての出来事には終わりがあるんだ..."

うーん、深い。深いです。さすがに業界歴が長いだけあって正直私より一回り近く若い(^^;とは思えないほどDevonはしっかりしているんですよね。虚構と現実の違いというか、物事をよく理解した上での真摯な受け答えは私にとってある意味詩的にすら感じられます。
ではpart.2ですが、Me-2-Uについて私が10年来気になっていたことから聞いてみました。すると驚きの回答が。。

_taxy(以下T):Me-2-Uの"Goodbye Girl"は素晴らしい仕上がりだったと思うんだけど、あれは誰が選曲したのかな?というのもあの曲UKのR&BデュオGo West(白人)の85年の割と地味目なバラッドだし、あの曲だけバック生音だからちょっと当時から違和感あったんだよね。

Devon(以下D):"Goodbye Girl"は元々僕たちの為に用意された曲では無かったんだ。実はあの曲は本来SaxプレイヤーのWarren Hill(これまた白人)のAlbum用に録音されたセッションで、正直言うと僕たちはただその音源にヴォーカルとコーラスを被せただけ。そのことはレーベルがMe-2-UのAlbumを作る段階で決まっていたんだと思うよ。でも当時僕たちに絶対的な決定権など無かったんだ。


な、な、何とまさか!だと思いませんか?あの名曲誕生の裏にはそんな秘話が隠されていたなんて。。Devonははっきりいやだったとは語りませんでしたが、今現在の彼のスタンスを考えるとおのずと答えはわかります。メジャーでCDをリリ-スするということは本当に大変なことなんだなと、痛いほど実感させられる話ではあります。ただし"Goodbye Girl"がDevonリードの絶品曲であることは間違いありません。

_T:Diversitiについて教えてください。

D:Diversitiは言わばMe-2-Uのダウンサイズ版だね。Me-2-Uが解散した時に、僕とEricそしてDamonの3人は今後もいっしょにやっていこうって決めたんだ。Eric, Damon & Devaughn、つまりDiversitiだね。このグループで僕は曲を書きそしてプロデュースをする機会を与えられた。それ以上にグループを通じてもっと大事なこと、音楽のことだけじゃなく人生についてもたくさん学ぶことが出来たんだ。Diversitiはツアーも続けていたしTVのコマーシャルなんかもやっていたんだよ。

_T:Diversitiの"Healing"ってとても切なくて美しい曲だよね。もし可能ならこの曲の歌詞の意味を詳しく教えてもらえないかな。

D:"Healing"は、人は誰もが恋で傷つくことがあるけど、やがてまたその心の痛みを少しずつ癒し回復させていくということについての唄なんだ。実際それは僕もたくさん経験しているからね(笑)。そうだなあ、その痛みを心の底から徐々に回復していけるよう自分を突き動かしているというか、例えるなら、暗闇からだんだん明るいところに向かっていっているというような感じ。時々人は激しい恋に落ちてしまう。でもそれは恋を終わらせることよりもずっと大変なことなんだよね。

_T:OK、ありがとう(TT)!。じゃあDevon、今現在アメリカの音楽シ-ンとその業界についてはどう思う?

D:うん、問題ないと思う。僕はR&B/Soul Musicを愛しているからね。ただラジオではあまり聴かないんだ。あとはそうだねやっぱり今はHip-Hopがシーン全てを支配しているかな。ラップもいいなと思える曲もあるんだけど、正直に言うと僕はハードコア/ギャングスタ・ラップには全く興味がもてないんだよね。あ、Mary J. Bligeの新譜なんか凄いと思うよ。すごく気に入っているんだ。何か本物のR&Bが再び戻ってきたって感じがする。あとMariahの去年のAlbumはやっと彼女がやるべきことをやったって感じだよね。

_T:今共演したいミュージシャンやプロデューサーとかはいますか?

D:Babyfaceとはぜひ一度仕事をしてみたいね。あとはJam & Lewis、それにMissy Elliotでしょ、JanetもそうだしBeyonceも..ってもう多すぎるよね。あ、Kanye West、Neptunes、それとMarioもだね。

_T:じゃあ今後のレコーディング予定や新譜のリリースなどがあれば教えてください。

D:計画しているのは"DIVERSITI : the lovesoul collection"を正式にリリースすることだね。でも今は新しくDevon Howardとしての音楽を確立させるため一生懸命頑張っているところなんだ。"the lovesoul collection"はそうだなあ、夏までにはリリースしたいよね。taxy、僕は前にも言ったようにスタジオで仕事することが大好きなんだけど(注:Devonはよくスタジオで録音作業の合間をみてmailしてきたりします)、今はとにかく"About You"のことに集中しているよ。

_T:では最後に日本にいるDevonのファンに向けて何かメッセージを。

D:ファンのみんな愛してるよ。そして、Me-2-U以来数年間にわたり僕をサポートしてくれることを本当に感謝しています。僕は日本に行ってみんなの前でパフォーマンスを見せることをもう待ちきれないんだ。みんな僕のウェブサイトにもきてほしいな。

(interview : taxy a.k.a. olskooljam)


以上で私の拙いインタビューは終了です。皆さん楽しんでいただけましたでしょうか(^^; 実は他にも雑談の中で興味深い話(Eric, Damon & Devaughnのことなど)もたくさん教えてくれたのですが、ダラダラと長くなりそうですので今回は割愛いたします。いよいよ来週27日には待望の日本盤がリリースされます。こちらで視聴が可能ですのでぜひ極上ステッパーズの新曲"Tonight"を聴いてみてください。Devon最高!

Devon, many n many thanks for your kindness!
always, your friend
taxy
[PR]
by olskooljam | 2006-01-20 00:08 | Interview

Interview with Devon Howard part.1

d0056703_224216.jpg
お待たせいたしました。ではDevon Howardのインタビューです。トーシローですがU.S.Blackの使うスラングも含め出来るだけ正確な翻訳を心掛けました。 Devonの伝えたい気持ちと言葉のニュアンスだけは何とか表現されているかと思います(^^; ガラスのように繊細で傷つきやすいがゆえに美しいあの唄声と同様、このインタビューでもDevonの心の優しさが滲み出ており(私を含めて)ファンには堪らないかと思います。それではまずPart.1からどうぞ。

_taxy(以下T):じゃあまず最初に基本的なことから。生年月日と出身地を教えてください。

Devon(以下D):OK、taxy。出身はアメリカのメリーランド州ボルティモア、いま27才だよ。taxyに送ったバイオは2年前に書いたものだから25才と記してあるんだ(笑)。

_T:了解(笑)。ではDevonは子供の頃どんな音楽を聴いてきたのかな。

D:子供の頃からたくさんの古い音楽を聴いていたよ。父親が50's、60'sは勿論、モータウンやその他の音楽をいっぱい聴いていたから自然とね。あと僕の兄弟(注:姉もいるらしい)は70年代から演奏もしているんだ。僕は環境に恵まれていたと思うよ。好きだったアーティストはEl Debarge、Switch、New Edition、Stevie Wonder、Babyface、Michael and Janet Jackson、それからWhitney HoustonとAnita Bakerも好きだったなあ。

_T:OK。ではその他Devonの音楽的環境というか、バックグラウンドになっているものは何かな。

D:今も言ったようにやっぱり家族の影響が大きいかな。父親は作曲家だったし、兄はドラムを演奏していたしね。とにかく僕は今までずっと音楽に囲まれて育ってきたんだ。あ、そうそうボルティモア芸術学校ではWill Smithの奥さんのJada Pinkett SmithやあのTupac(!)といっしょだったんだよ。でも、こうして振り返ってみると僕はやっぱり確実に父親の足跡を辿ってきているんだよね。

_T:それは凄いなあ。Tupacといっしょって、Devonびっくりしたよ(注:今度もう一回聞いておきます)。じゃあそうなるとプロとして活動を始めたのはいつになるの?

D:taxyもよく知っているように正式にプロのミュージシャンとなったのはMe-2-Uからだよ。僕はずっと学校で演奏してローカルなスタジオでは録音を続けていたんだけど、本当のプロとして契約をしたのはMe-2-Uから。Me-2-U時代はツアー、写真撮影、ビデオ撮影それにTV出演と楽しかったよ。ツアーに出るのなんて待ちきれなかったなあ。

_T:Me-2-Uについて教えてください。

D:OK。Me-2-Uは全く違うバックグラウンドを持った5人の男が目指した一つのゴールだったんだ。音楽のね。僕たち5人は子供の頃からいっしょにいた訳じゃないし、またそれまでけして長い付き合いがあった訳でもない。でも本当にレコード会社とプロのグループとして契約出来たんだ。それはまるでシンデレラ・ストーリーのようというか、信じられないほど不思議なことだったよ。でも全ての出来事には終わりがあるんだ。メムバーはみんな今も元気でやっているよ。

(Interview : taxy a.ka. olskooljam)

to be continued part.2...
[PR]
by olskooljam | 2006-01-17 00:35 | Interview