カテゴリ:Roots Rock Reggae( 7 )

Duane Stephenson

d0056703_23281124.jpg
Dangerously Roots: Journey from August Town (2014)

こう寒い日々が続きますと、なかなかうまく更新できませんが、私は最近このルーツでほっこり暖められています。Duane Stephenson期待の3rd。

1stはほぼ完成された唄世界でしたが、2ndは(良い楽曲はあるものの)ややクールダウン。そしてこの作品。良い意味で何も変わっておりませんが、艶々な唄声とルーツィーなOne Drop Riddimが冴えわたる楽曲群。本場の作品にしては非常に丁寧に仕上げられており、私のような古い聴き手の心にも深く沁み込んできます。

今や新しいReggae Classicと言っても良い名曲"Rasta For I"を筆頭に充実の全15曲。今どき今風の高校生とかが電車内でこんなのシャカシャカ聴いていたら、カッコイイだろうな。推薦盤!


[PR]
by olskooljam | 2015-01-23 23:53 | Roots Rock Reggae

Bob Marley & The Wailers

d0056703_17451549.jpg
Catch A Fire - Deluxe Edition (1971/2001)

Island秘宝中の秘宝。これも世に蔵出しされてから早くも10年以上ですか。

リリース当時の衝撃と言ったらもう口アングリ。ま、まさかこれを聴ける日がやって来るなんて!という感じでした。しかし結果、意外とオリジ(この場合は過剰と言われるオーヴァーダブ・ヴァージョンのほうです)も未だに聴けちゃうんです。

勿論、本当の本物のオリジである、Jamaica Versionのほうに気持ちが寄ることは確かです。しかし、極端にBassが強調され、Guitarが加わったものを長らく刷り込まれてきたこの身体には、どちらも捨てがたい魅力がある、としか言いようがありません。"Concrete Jungle"のギターソロなんて、それはそれで魅力的なんですよね。本当のReggaeファンの方には怒られそうですが。。

基本中の基本にして、永遠に色あせない、かの地の誇るクラシック。
[PR]
by olskooljam | 2013-01-26 18:16 | Roots Rock Reggae

Duane Stephenson

d0056703_22562521.jpg
From August Town (2008)

待ちに待った新作"Black Gold"も流石の仕上がり(私は"Members Only"で完全即死)で味わい深い一枚でしたが、軍配からいうとやはりこちら?

何しろDean Fraserベタ褒めなほどの才能の持ち主。ところどころにソウルを感じさせながらも本来のRootsyな持ち味も全開。唄モノReggaeとしてほとんど完璧と言って良いかと思います。

表題曲のGood Vibe、限界まで締め上げた強烈なスネアの響きに心底シビれる"Cottage In Negril"等、Duaneの唄声はまさに神々しいまでの語り口。白眉はアコギできめた"Faily Tale"辺り。

I君、Lucianoの新作よりまずはこれをチェックすべき!
[PR]
by olskooljam | 2010-10-22 23:26 | Roots Rock Reggae

Matumbi

d0056703_16383254.jpg
Seven Seals (1978)

"Point Of View"の軽快さも捨てがたいですがMatumbiと言えばやはりこれ。永遠のバイブル、UKレゲエの金字塔、70'sの頂点、奇跡のミックス。どれだけ誉めても誉めたりないウルトラ名盤。

内容は今更なのであれですが、このオリジをそのままCD化(即廃盤、レア!)したのは結局ここ日本だけというのは一体?

ダンスホール物ばかり聴いていると無性にルーツ・ロック・スタイルが聴きたくなり、そしてスタジオ・ワンへとつながっていき、またダンスホールへと。。
[PR]
by olskooljam | 2009-08-10 23:50 | Roots Rock Reggae

Carlton "Carly" Barrett

d0056703_23171545.jpg
ジャンル問わず、個人的に最も好きなドラマーの一人。

キャリアの出発点はUpsettersですが、Reggae史上最高に芸術的なOne Drop Styleを完成に導いた中~後期Wailers時代のドラミングは、そのDub(これが例の問題であまり聴けないのはいただけません)だけで何時間でも聴き続けられるほど美しく、素晴らしい。

ヘビーでありながらひらひらと舞うような独特のドラミング(タイム感覚はちょっと尋常ではありません)がAston "Family Man" Barrettの地を這うようなベイスラインと絡み合う時、あのストンッ!と一瞬時間を止めるような魔法のRiddimが全身に降り注ぎます。

今夜はもう二度と出てこないであろう、かの地最高の職人技に酔いしれています。
[PR]
by olskooljam | 2008-10-09 00:20 | Roots Rock Reggae

Junior Delahaye

d0056703_23311729.jpg
Showcase (1982)

Junior Delahayeの1st Album。これもまた80年代初期のWackiesが、いかに音楽的な集団揃い且つミュージシャンシップに溢れていたかを証明する一枚ですね。

揺れるようなファルセットヴォイスと適度にダビーなトラックが、麻薬的なループ感を生み出し、ついには聴き手を桃源郷へと誘います。

ほっこり度100%!
[PR]
by olskooljam | 2006-08-08 23:43 | Roots Rock Reggae

Garnett Silk

d0056703_20383780.jpg
Give I Strength (1999)

尋常ではないリリース量を誇るReggaeの世界においては、ジミヘン、2Pac同様アーティスト亡き後もAlbumがもう出てくる出てくる。このGarnett silkも生前より既に多くAlbumが存在するはずです。

しかしこれはスゴイですよ。Silkはスティクリなどダンスホール・トラック(打ち込み)でしか音源を残さなかったのですが、ここでは御大Bobby Digitalが全て生音を提供し、オーヴァーダブ。 往年のルーツ・ロック・スタイルを奇跡的に再現しているのです。

名盤"It's Growing"を全く超えてしまったこの素晴らしき一枚。何よりレゲエを愛し、敬虔なラスタファリアンでもあった天才シンガーSilk本人に聴かせてあげたい。
[PR]
by olskooljam | 2005-08-20 22:46 | Roots Rock Reggae