2017年 09月 16日 ( 1 )

James Brown

d0056703_21011867.jpg

In The Jungle Groove (1986)

JBはかれこれ30年以上聴き続けていますが、相変わらず全く飽きません。最近は年齢のせいか、静かな音楽を楽しむことが多いのですが、JBだけは別格なのでしょうね。何もかもが規格外です。

最近ふと、そういえば一番聴いているJBのAlbumってなんだろう?と考えた時、頭に浮かんだのがこちら。1986年のUK編集盤。私は当時既にJBフリークであった訳ですが、非常に強いポリシーの感じられるこのAlbum。中でも選曲とクレジットには、大変な感銘を受けました。

筋肉質のFUNKばかりを、レアなミックスで再構築したのは、筋金入りのマニアCliff White氏。どこまでも詳しく正確なクレジットについては、狂気じみているほどに最高。この後も似たような編集盤が多くリリースされましたが、やはりこのAlbumの統一感、様式美みたいなものを超えていくものはありませんでした。

最近はこのAlbumを、PCオーディオやイヤホンで楽しむことが多いのですが、未だに新鮮に聴こえてきます。リリースされてから既に30年。多様な形でリメイク、リマスターされ続ける、まさにお化けのような長寿作品。


[PR]
by olskooljam | 2017-09-16 21:15 | Funk