2017年 09月 09日 ( 1 )

GONTITI

d0056703_14213232.jpg
A Magic Wand of Standards (2002)

久々の更新です。突然ですが、皆さんはオーディオの音質を比較する際の音源は、一体何を使用されてみえるのでしょう。私が最近ハマっているポータブル・オーディオでは、当然ですが直接音が耳にダイレクトに響いてくるものですから、クリアで抜けが良いこのGONTITIさんの作品等を使用することが多くなっています。

どの作品も素晴らしく、聴き応えのあるものばかりですが、この"Standards"は企画自体が白眉。誰もがどこかで聴いたことのあるような懐メロを、GONTITI独自の解釈でカヴァー。"Tennessee Waltz"等、透き通るようなアコギの世界が存分に堪能できます。

名機ER-4Sや最近話題のEN120など、マニア評価の高いシングルBA方式のイヤホンでは、GONTITI作品との相性が抜群。弦の響きが美しく伸びやかです。

ここで更に一手間。手持ちのDAPに良質なポタアンを追加してやることで、シングルBAがまるで水を得た魚の如く、生き生きとした艶のある音色に変化。ウットリするような唄世界を聴かせてくれます。

オーディオ機器の組み合わせ、試聴をしていると作業中断ばかり。GONTITIの良質な作品群は、季節の変わり目によく合います。

[PR]
by olskooljam | 2017-09-09 14:50 | Acoustic