John Coltrane & Johnny Hartman

d0056703_17360521.jpg
John Coltrane & Johnny Hartman (1963)

久しぶりの更新エントリー。GW終盤。私は基本仕事が中心であり、本日はようやくのお休み。午前中は溜めていた用事を済ませて、やっとPCの前に座った感じです。淹れ立ての珈琲は目の前。

突然ですが、ソウルとジャズの狭間にいるシンガーと言えば。私世代ですと、あのWill Downingが真っ先に思い浮かびます。Willは1991年のAlbum「A Dream Fulfilled」で大きくJazz側に寄り添い、その後の活動に幅を持たせました。そのAlbumは全編が生演奏仕上げ。ゴージャスで大変に充実した内容は、オーディオ的な意味合いにおいても、なかなか使い勝手が良いものでした。

当時の私はといえば、ちょうどその頃に妻と付き合い始めた時期。ドライブの時などには、ソウル・ミュージック中心の中で、このWill Downingについても(特にバラードを)良く聴いた想い出があります。低音の魔力恐るべし。

さて、このエントリーの主役Johnny Hartman。上記のWillはSoulフィールドの唄い手ですが、目指していたのはまさにこのJohnny Hartmanその人。どこまでもエレガント且つムーディーな唄世界。特別に濃厚な低音の魅力。Willが憧れた描きたかった世界といえば、まさにこれ。もう一人の主役Coltraneといえば、ここぞという場面で絶妙の合いの手。見事。しかし主役はあくまでJohnny Hartman。とはいえ、他の誰でもないJazzジャイアントJohn Coltrane。音の消え際ギリギリまで感情が余韻に残ってきます。そういえばWillの1stの題名は、Coltraneの「A Love Supreme」でしたね。

人生いろいろ。音楽もいろいろ。また少しずつですが、更新エントリーしていくことかと思います。皆様、何卒お付き合いの程宜しくお願いいたします。




[PR]
by olskooljam | 2017-05-06 18:11 | Jazz
<< All Things Must... お詫び >>