EARNiNE EN120

d0056703_14263369.jpg
ポータブル・オーディオの世界は、相変わらず活況が続いているようですね。私も業界の動向というか、日々リリースされる新作群が、どうにもこうにも気になっている状況です。

そんな中で特に気になるのは、やはりイヤホンやIEM。よくこれだけアイデアが尽きないものだと感心するばかりですが、多様な作品が無尽蔵に出てくるような印象すらあります。

これは夏頃に入手したもので、個人的に増加していく一方のカナル型イヤホンの中でも、普段使いとしての使用頻度が高くなっている一つです。

ドライバーはシングルBA方式。インピーダンスは22Ωと低く、スマホでも充分出力を得られる仕様。ケーブルはツイストになっており、タッチノイズは気にならないレベル。但しケーブル自体はやや長いので、その辺りは使い方や好みに影響するのでしょうか。イヤーピースについては、私は英国Crystaline AudioのCrystal Tipsを合わせています。

音質はER-4S直系といいますか、シングルならではの解像度を誇る中高域と、意外にも粘る低域が同居。低音は60Hz前後までしか響いてはきませんが、それなりに量感もあり、シングルBAとしては充分。ポタアンを経由させて聴けば、音場が豊かに広がってゆき、これは実は相当に考えられた音作り(チューン)なのだと感じさせられます。

シングルBAについては、音の響きが特殊ですので、好き嫌いがはっきり分かれるような方式かと思います。マルチBAが全盛であっても、異彩を放つと言いますか、エティモやFinal社のように、この方式に徹底的なこだわりを持ち、多くの商品を作られているような会社もありますので、それだけに素人には分からない、大変に奥深い魅力がそこにあるのかと思います。実際に製品化されているシングルBAの商品群を見ても、形も音も特徴のあるものばかりです。私のようにヴォーカルを重視する人間にとっては、これは素晴らしく魅力的な音世界であり、シングルBAだけは、何個イヤホンを持っていても所有欲が湧いてきます。

d0056703_15051479.jpg
Dianaのオーケストラ仕様のAlbum。EN120ではヴォーカルは近くに寄り添い、吐息が感じられるよう。リメイクされた"The Boulevard Of Broken Dreams"では、ピアノや弦楽器がやや遠方に位置。スモーキーなDianaの唄声が刺さらず、意外にも柔らかな感触を持って、表現されてゆきます。

ゴージャス過ぎる仕上がりのこの作品では、私は普段ダイナミック型のAcoustune HS1004を選択しています。HS1004はちょっと異常なほどに音場が広く、また低域も雄大に奏でる強力なイヤホンですので、このような作品にはまさにピッタリです。BA式のEN120においては、主役の唄こそがメインだと言わんばかりに浮かび上がり、HS1004とはまるで違う世界が堪能できます。

d0056703_15174861.jpg
Milesのミュート・ペットが最高の作品。これもEN120にはよく合いますね。""Drad Dog"では背景がそれほどざわつかず、ブラシとピアノの間を、ペットやサックスが表情豊かに鳴り響きます。トランペットの音がひたすらに近く生々しい限り。重厚感のあるダイナミック式イヤホンで聴くのもまた格別ですが、精緻なBAにおいても活きてくる、実に素晴らしい音源。

d0056703_15360864.jpg
Joeの定番中の定番。EN120で聴く"The Love Scene"では、厚みのあるR&Bトラックのベードラが綺麗に分離。低音については当然少なくなりますが、弦楽器との混ざり具合などがよく聴こえ、やはりよく考えられてミックスされたものなのだと判ります。Joeのヴォーカルの特徴である艶や、ブレスの巧みさについても上手く表現されます。EN120の中高域には癖がなく、艶やかなるJoeの唄が堪能できます。


※ ※ ※


高価なIEMはとても魅力的なのですが、取扱いにどうしても気を使ってしまいます。外出時に引っ掛けてしまったり、うっかりそのまま寝てしまい、故障させてしまうなんていうことがあれば、がっかりです。もう手放してしまいましたが、以前マルチBAのIEMを使用していた時などは、本当にいつも気苦労が絶えませんでした。

EN120のように扱いやすく、安価であっても音が良く、特徴のある商品が増えてくるのは、どこでも音楽ばかり聴いている人間にとっては、大変に喜ばしいことかと感じています。

[PR]
# by olskooljam | 2017-11-05 15:27 | Audio

Hank Mobley

d0056703_17421921.jpg
Dippin' (1966)

JazzにおけるSaxという管楽器は、私はSoulでいう唄い手そのものだと捉えています。その意味においてHank Mobleyは、良質なソウルマンなのだという認識です。

このDippin'はよく、「Soul Station」や「Roll Call」と言った名作群と比較されるようですが、私みたいな聴き手には一番聴きやすく馴染めるセッション。

まずペットのLee Morganとの相性、コントラストが抜群。ドラムは轟音を響かせる御大Art Blakeyではなく、Billy Higgins。Billyの手数は多いが出しゃばらず、軽快な音色でバンドをグルーヴさせていく様が大変に気持ち良い。

唯一収められたバラッド"I See Your Face Before Me"。唄好きがホッと出来るような、リラックスしたセッション。こういうのも効きますね。古き良き時代のBlue Note名盤選。

[PR]
# by olskooljam | 2017-10-22 18:12 | Jazz

The Age of Adaline

d0056703_11060377.jpg

邦題「アデライン、100年目の恋」。2015年作品。

VODにて鑑賞(60-inch 1080p HDTV+5.1ch環境)。

評価も高く気になっていましたが、なぜか何かきっかけがないと鑑賞する気持ちにならなかった作品。時間ができ、ようやくじっくりと観ることが出来ました。

Blake Lively
全然意識したことなどない女優さんですが、いい雰囲気持っていますね。遠くを見つめる時の瞳が美しく、場面場面にて澄んだ瞳を追って観てしまいました。細身のスタイルもこの役柄に合っています。

Harrison Ford
大御所が出演していますが、さすがに上手い。今やとにかく上手いの一言ですね。監督が観客に伝えたい微妙なニュアンスや感覚を、全身を震わせるような演技で表現できるのは、個性的というか、若い役者も見習うべき所作の一つではないでしょうか。

美しい撮影場所等が醸し出す映像と音声についての品位も高く、役者の演技だけでなく、見所の多い一本。テーマ的にも考えさせられる部分が多く、良い鑑賞時間が過ごせたかと思います。

Directed by Lee Toland Krieger.


[PR]
# by olskooljam | 2017-10-22 11:30 | Movie

Lalah Hathaway

d0056703_22100322.jpg
I Can't Wait (2017)

Lalah待望の新作「Honestly」より、アッパーなNewシングル。

前作は長年温めてきた企画であるLive盤であり、内容もオーセンティックで大変に安心感がありましたが、今度はまた180度別方向。何だかめちゃくちゃに振り切ってきました。

この曲自体は、あのニュー・シューズがモチーフなのでしょうが、ピコピコなジャケ同様、ブツ切りで80'sライクなR&Bトラックがかなりジャンキーな感覚。中毒性満点。しばらくは病みつきになりそうです。

やっぱり私はどこまで行っても、ソウルフィ-ルドの住人であるようです。Lalah最高★




[PR]
# by olskooljam | 2017-10-09 22:18 | R&B

Calvin Richardson

d0056703_17284261.jpg
All or Nothing (2017)

またシャナチーかよ!思わずツッコミを入れたくなりますが、新作只事じゃない仕上がりだったのですね。

Producerが何とサザン神Willie Clayton!この両者がまさか、まさか組み合うとは凄い時代になったものです。前作ではあのEric Benetと組んでいましたから、それはそれで好きな世界でしたが、今回はもう役者が違います。

willieは一度その持ち味が好きになると、もう病みつきになるタイプのシンガーですが、独特の世界観があります。ローカルなのに振り切れており、迷いがないといいますか。この世界で生きていくという強い意志と、力強く自信に満ち溢れた唄声。

Calvinは本来のルーツがBobby Womack派。ですから、Willieカラーのサザンソウルについて合わない理由がありません。節回しにはBobbyを感じさせる語りもあれば、Willie調の早口な部分もあり、もう楽しい楽しい。

果たして最高のコラボ結果となったこの盤。ジャケはShanachie独特の何とも言えないダサさですが、まあこの中身ならばね。"Treat Her Right"はCalvinミーツBobbyミーツWillieといった趣。"The Only One"や"Can't Let Go"、"Make Up Love"なども、それ以上に文句のないグレイト・ソウル!



[PR]
# by olskooljam | 2017-10-08 17:47 | Indie Soul